倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2013年08月24日

テークバック始動に関するご相談です

 
【質問】
「倉木 真二様

毎日、ブログをご拝見させて頂いてます。

腰の使い方、バックスイングの基本を教えて頂きたくご質問があります。

私は、バックスイングをすると腰が右側(右利き)に流れてしまいます。
その為、トップの位置でクラブがインサイドに引けクラブがねてしまいます。
トップの位置では、左手の甲が空を向いてしまいます。
長いクラブになると、全く打てません。
5Iから、打てません。

練習で、アドレスした状態でボールを左側に置きフェードのイメージをしてますが直りません。

クラブがトップの位置で、空を向くのは腰の使い方に問題があるのでしょうか?
また、腰の使い方を直す方法は間違いでしょうか?

宜しければ、適切な練習方法、アドバイスを宜しくお願い致します。」



【回答】
フェースがトップで空を向くのは

・スイングが横振り過ぎる
・左手首が掌側に曲がる

ということが原因です。

横振りでフェースが空をむきやすいのはそもそもそういうものなのですが、空を向くほどの横振りは、横振り過ぎます。

さほど横振りでもないのにフェースが空を向く場合は、フェースがクローズ過ぎます。

ご質問の場合は、横振り過ぎることが原因だと考えられます。

改善策ですが、グリップが最も大きいと考えられます。

フックグリップが強いと、インサイドへテークバックしやすくなります。

なので、グリップを現状よりもスクエア寄りに修正して下さい。

グリップを変えるというのは、かなりの違和感があるかと思います。

しかし、もし、現状がフックグリップ過ぎるのであれば、それを直すことで、スイングプレーンも改善されます。

もちろん、テークバックの始動のスウェーも改善されます。