倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2013年06月22日

クラブ選びに関するご相談です


【質問】
「倉木 様

先日のアドバイスを参考にクラブを一新しました。

今回はクラブのセッティングとスイングについての相談です。

HSは40(量販店で43程度)、

スコア95〜105のアベレージゴルファーです。

33歳、身長175cm、体重80kgです。球筋はフェード・スライス。

Drで200Y−230Yぐらい、PWでキャリー100yぐらいでしょうか。

保有クラブは以下の通りです。

DR-レガシー(2008)-ランバックス5F09(R)

3FW-909F2-ランバックス6F09(S)

5FW-909F2-ランバックス7F09(S)

3UT(ロフト21度)-レガシー(2010)-GS85

4UT(ロフト24度)-レガシー(2010)-GS85

5I-PWーレガシー(2010)-GS85

50度/56度ーキャロウェイ JAWS-M10DB

FWのバランスが3FW-D2、5FW-D3と重くなるので、
3FWを1/8インチカット、5FWを2/8インチカットし、

アイアンをレガシー(2010)GS95に変更しようと思うのですが、
重量やバランスとしてどうでしょうか?
アイアンはGS85シャフトのままでも大丈夫でしょうか?

また、DR・アイアンはストレート・フェードなのですが、

FW、UTだけが、ひどいフックが連発します。

不利遅れ気味にスイングすると、

真っ直ぐ、右へのプッシュアウトがでるのですが、グリップ、球の置く位置、スイングの何が悪いのか、
どこに気をつければよいのか分かりません。
悩みはつきません。
どうぞ、宜しくお願いします」




【回答】
アイアンシャフトですが、ドライバーヘッドスピードを考慮するとGS95の方が適正です。

ただし、GS85でも大きな問題はありませんからそのままでも良いです。

クラブの全体の重量バランスは大きな問題はありません。
特にフェアウェーウッドの重量バランスは良いです。

「ウッド用シャフトはシャフトが短くなると軽くなる(番手別設計ではないため。フェアウェーウッド専用シャフトが無いことが前提)」

ということが、理解できている良いセッティングです。

フェアウェーウッド、ユーティリティーのフックはフェースが返り過ぎていることが原因であると考えられます。

なので、振り遅れ気味にハンドファーストにすればとりあえず真っすぐは飛びますが、ロフト角が立った状態のインパクトになるのであまり良い打ち方ではありません。

根本的に解決したいならフェースローテーションを抑えることが大事です。

そのためには、まず、ボール位置はあまり右足よりに(中央よりに)置かないようにしてください。

フックが出ると、ついついボールを内側に置いてフェースが返る前にインパクトしようと、考えてしまいます。

これでは、根本的な問題の解決にならずごまかすようになってしまいます。

アイアンもハンドファースト過ぎる状態で打つような悪い癖がつきやすくなります。

なので、まずは敢えて左目において下さい。

そして、軽いフェードを打つように、アウトサイドイン軌道を意識してスイングすることでフェースローテーションしにくいスイングになります。

最初は引っ掛け(左に真っ直ぐ)が出るかも知れませんが、それでもフェードを打つ練習をしてみてください。

そうすれば、根本的な原因と考えられるフェースローテーションのし過ぎを防止できると考えます。

ついでに、今のアイアンのスイングもハンドファーストになり過ぎていないか(アイアンが飛びすぎていないか、ロングアイアンの弾道が低すぎないか)をチェックしてみて下さい。

インパクト時にハンドファーストが強くなりすぎるゴルファーはボールが上がりにくいので、簡単なスペックを使いがちです。

そうなると根本的な問題が解決しないので注意して下さい。