倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2013年05月23日

リシャフトに関するご相談です


【質問】
「いつも拝見し、勉強させていただいています。
早速ですが、アイアンヘッドとシャフトの相性についてのご質問です。
現在、フォーティーンのTC-770フォージドをNS950で使用していますが、少し軽いかな?と感じています。
量販店で計測した時の7番アイアンでのヘッドスピードは39〜40でした。
このヘッド自体は気に入ってるのでリシャフトを考えていますが、このアイアンヘッドには重いシャフトでも相性的には大丈夫でしょうか?
ご教授よろしくお願いします。」



【回答】
ヘッドスピードからすると、NS950では軽いです。
+10g〜20gくらいあっても良いです。
TC-770に重めのシャフトを装着しても何ら問題ありません。
ただし、重くなる分、ヘッドスピードは多少下がる可能性があります。
その反面、重い分、スイングの再現性やスイングテンポなどは安定します。
弾道を現状よりも低めにしたいのであればダイナミックゴールドS200あたり、ダイナミックゴールドより少し軽め、柔らかめ、弾道を高めにしたい場合はMODUS3、さらに高めにしたいのであればNS1050や1150、さらに硬めならK'sツアー、KBSツアー、SYB T120、ライフルなどが良いです。
注意して欲しいのは、できれば、現状の長さと同じに仕上げること、スイングバランスをD2程度にすることです。
シャフトを短くすると、少し弾道が低くなり、ライ角の関係で球がつかまりにくくなります。
現状の長さを変えず、バランスはD2くらい。(NS1050ならD1くらい)この点だけ、注意してください。


 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。