ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2013年05月29日

インパクト後の動作に関するご相談です


【質問】
「倉木様

いつもアドバイス頂きありがとうございます。

さて、GWですので本日もラウンドしてまいりました。
結果は散々なもので、練習場で出来る事が全くできずに、かなり落ち込んで帰ってきました。

自分の欠点は自分が良く知っています。

1、ダウンスイングで突っ込む

2、ボールから目を離すタイミングが早い

3、体が起き上がる

プロの動画を見ると、ボールを打ち終わった後もしっかりと、前傾姿勢を保ったままで視線も
ボールが有った場所を見ています。

簡単に身に着けれるとは考えていませんが、練習で気を付ける事と強調すべき動作を教えて下さい。

抽象的で申し訳ありませんが、宜しくお願いします。」




【回答】
自分のスイングとプロのスイングを比較し、見た目の違いを疑問に思う。
とてもシンプルですが、大きな気付きがたくさん得られます。

プロや上級者が打ち終わったともボールを見ていられるのは、

「ビハインド・ザ・ボール」

を徹底しているからです。

動作のイメージとしては、体の右サイドでボールをさばいてしまうようなイメージです。

手打ちスライスから脱却したゴルファーは、クラブを横に振るようになります。

手打ちスライスは、トップから手で始動し、袈裟切りのような動作になってしまうことが原因です。

それを克服し、クラブを横に振れるようになると、ひどいスライスはなくなります。

しかし、そのイメージが強くなりすぎて、手がインパクトで横に流れていき、体の開きも早くなり、顔も回転していってしまうのです。

この回転してしまうイメージを改善する有効な方法があります。

まず、クラブを持たずにシャドースイングをします。

そして、右手にゴルフボールをもちます。

トップからの切り返しで、そのボールを右足よりも右側の地面に投げつける動作をします。

この動作をするには、上体が開いてはできません。

上体の開きを嫌うプロは、このようなイメージで、腕を使い、体の開きを抑え、インパクトをしています。

体を回転させて腕を横に使う回転運動をイメージせず、腕を縦に振るイメージを強めてください。

そうすれば、ビハインド・ザ・ボールができるようになり、インパクト後も前傾姿勢がキープされ、ビハインド・ザ・ボールもできるようになっていきます。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法