倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2013年04月25日

ドライバーがつかまりすぎてしまうご相談です


【質問】
ここ半年位前からドライバーが振れなくなり悩んでいます。
ツアーステージのXブレード430を使っていますが つかまりすぎか左に出て(フックぎみ)なってしまいます
それが嫌で若干オープン気味にしています。
スクエァーでつかまりすぎを治す方法と飛距離が落ちていますので飛距離の出し方を教えていただけたら幸いです
ちなみに初速を早くするとつかまりすぎが発生してしまいます。

よろしくご指導のほどお願いいたします。」




【回答】
初速を上げようとするとつかまり過ぎてしまうのは、良くあることです。

紙一重の打ち方です。

つかまり過ぎている時は、結構、初速が出ています。

が、打ち出し角度とバックスピン量不足で飛距離が出ないということになります。

つかまり過ぎているので、少し逃がす打ち方の練習をすると良いです。

そうすると、バランスが探れるようになります。

つまり、フェードの打ち方を練習するということです。

適度なドローボールが出る時よりは、確実にボール初速は落ちますが、フェードの練習をすることで、引っ掛けのフックなどを減らすことができます。

まずは、ボール位置を通常よりも左に寄せて、やや大げさなスライスを打つことから始めてみて下さい。

飛距離よりも、目標より左に出て戻ってくるスライスを打つことだけに集中して下さい。

そうすることで、今までフックより、つかまえすぎだったスイングが、少し逃がすような打ち方になっていきます。

すると、丁度よいドローが多くなります。

シンプルですが、だからこそ実践しやすい方法です。