ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2013年04月30日

フルミエルに関するご相談です


【質問】
「倉木様
いつもブログを拝見させていただいております。
また、ご質問にもお答えいただき有難うございます。

早速ですが、今話題のフルミエルに関してですが、
重量が約15gほどあるようですが、装着するとクラブ重量がそれだけ増えるわけですが、
スイングへの影響はどれだけあると思われますか?
グリップ付近への装着ということでシャフトへの影響は極小かもしれませんが、
クラブ全体重量は増えるわけです。

もし影響が無いとしたら、
一般にいわれるクラブ重量やそのフロー管理そしてバランス管理は無意味に近くなると思いますが、
倉木様はどのように思いますか?

フルミエル自体は優れた商品とは思いますが上記の件が気になります。

お手すきの時で構いませんのでご返答いただければと思います。
何卒宜しくお願い致します。」




【回答】
15gともなると、スイングに多少の影響は出ます。
データから見ると、ヘッドスピードの減少はあまり見られません。
重量アップしても、装着場所がグリップの先端なので、カウンターバランスになり、ヘッドの効きが弱まるので、それほどヘッドスピードダウンにならないのだと思います。
いずれにせよ、ヘッドスピードは結果的にあまり変わりません。
フルミエルのヘッドスピードは少し厳し目に出る傾向があるようです。
ただし、スイングバランスが若干下がるので、その分、テンポの取り方、ヘッドの感じ方は変わります。
ヘッドを感じにくくなるので、多少、スイングテンポに影響はあります。
ただし、スイング軌道のデータなどは、そのくらいのことで極端に変化しません。
スイング軌道というものは、本人が思っている以上に、簡単に変化しないのです。
もちろん、フルミエルを装着しないほうが、スイングテンポは安定するのですが、(普段使用している状態の方が慣れているので)だからといって、極端にスイング軌道が変わるということはありえません。
なので、スイング軌道を見るというデータの信頼性は、ほとんど損ないません。
ただ、ナイスボールの確率の計算などは、多少、通常よりは落ちる可能性はあります。
基本的に、とても優れた計測器であることに変わりはありません。
しかしながら、データの意味と、問題点と、どうやったらその問題が解決するか、が分からないと、宝の持ち腐れになります。

 
 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法