倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2013年02月22日

グリップとヘッドのバランスについてのご質問です


【質問】
「今晩は倉木様
いつもメール有り難う御座います。
質問があります。
クラブのバランスでヘッド側を重くする場合とグリップ側を重くした場合の、メリットとデミリットなど教えて下さい。 
ドライバー、FW、アイアン 
宜しくお願いします。」



【回答】
・ヘッドを重くするメリット
スイング軌道、スイングテンポが安定する

・ヘッドを重くするデメリット
ヘッドスピードが落ちる

・グリップ側を重くした場合のメリット
ヘッドスピードが上がる

・ヘッドを重くするデメリット
スイング軌道、スイングテンポが不安定になる

ドライバー、アイアン、ウェッジ、共通です。

例えば、クラブヘッドを持ってスイングすると、ヘッドスピードは1.4倍くらいになります。
ヘッドスピード40m/sのゴルファーなら、ヘッドスピード56m/sくらい出ます。
しかし、軌道もテンポもとてつもなく不安定になります。
スイングバランスC9〜D3くらいが、一般的なゴルファーにとってそのバランスがとれているところと言えます。
長尺ドライバーにおいては、D5以上で使うゴルファーもいますが、それはそれで有りです。
(長尺のメリットがスイングバランスアップのデメリットより勝るため。ただし、アイアンスイングとのイメージを大きく変える必要はある)

基本的にパワーの有るゴルファーほど重めのスイングバランスで良いですが、軽シャフトが無かった時代からゴルフをしているゴルファーは、ヘッドスピードがやや緩めでも、重め、軟らか目のシャフトにすると良いです。