倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2013年01月19日

RBZ(ロケットボールズ)購入に関するフェアウェーウッドシャフト重量のご相談です。


【質問】
「お世話になっております。
40歳、スコアは100前後の男性です。
現在ドライバーは新ゼクシオMP600M(R)を使用し、ウッドについても同スペックのものを使用しております。
ドライバーについては非常に気に入っているのですが、ウッドの方がなかなかうまくうてません。

こういった中、テーラーメイドのロケットボールズ(RB-50)の3番ウッド購入を検討しております。
ただし、調べてみると純正シャフトは43g(R前提)と現状のゼクシオのシャフト57gよりかなり軽くなってしまい、
倉木様のよく指摘される「ドライバーよりフェアウェイウッドの軽い」という状態になってしまうことを懸念しております。

この場合、ロケットボーイズの購入はあきらめた方がよいでしょうか?
ロケットボーイズのはUSモデルもあるようですがこれはどうでしょうか?
あるいはFUBUKIを挿したものも売られているようですが、これはオーバースペックかもしれません。

ご意見賜れれば幸いです。」




【回答】
1Wが57gで3Wが43g,これはNGです。

MP600Mの方ということであればおっしゃるようにRで57gです。

すると、フェアウェーウッドのシャフト重量はそれ以上が好ましいです。

となると、本モデルのRB-50シャフトは論外です。

軽すぎます。

USモデルのX-CON5でもRで45gと軽いのでNGです。

USのツアーモデルのX-CON7ならRで74gと、やや重めですが、問題ありません。

ただし、ツアーモデルのヘッドはノーマルと違ってかなりロースピン設計ですから、ヘッドスピードが必要です。(1Wで46m/s程度は必要)

RBZのノーマルモデルが良いのであれば、リシャフトすれば問題は解決します。

ただし、コストが掛かってしまう点がデメリットです。

・ノーマルを購入してリシャフト

・ツアーを購入してそのままつかう

どちらかの選択になります。

繰り返しますが、ノーマルとツアーはもはや別のクラブというくらい、ツアーの方がロースピン設計になりますので、注意が必要です。

ただし、ヘッドスピードが46m/s以上のゴルファーにとっては、吹けない、飛ぶクラブであると言えます。

46m/s以下となると、「球が上がらないクラブ」となります。

無理にあげようとするとヘッド先行スイングになる恐れもありますから、無理に使うことはオススメしません。

物の良さの割に価格が非常に安いので、ヘッドだけ購入すると思って、ノーマルを購入するのもアリだと考えます。