ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2013年01月29日

パッティングに関するご相談です


【質問】
「倉木様

いつもありがとうございます。

アイアンは現在練習場、コースと理想のスイングを求めて改造中です。コースでの満足するショットは2割程度ですができた時は結果がピンにボールが絡むというもので満足度も高いです。スピンもきちんと掛かっております。

しかしどうにもパターが良くありません。そこでご質問ですが、ロング、ミドルパットでもショートパットでも打つ瞬間に顔を上げずにストロークといわれておりますが、ボールを見るのではなくカップを見たままストロークしてはいけないでしょうか?

紙くずをゴミ箱へ入れるときやキャッチボールのときは必ず投げたいところを凝視して投げると思いますが、ゴルフのパットはこのように打つ人は見た事ありませんが何か弊害や問題はあるのでしょうか?

また50〜60センチの短いパットはストロークするのがいいのか、パンチショットみたいにうつのがいいのかどちらでしょうか?

ご指南をよろしくお願いいたします。」




【回答】
「カップを見ながら打ってはいけないのか」これは素晴らしい質問です。

普段、当然のようにしていることに疑問を持つのは大事です。

具体的に説明すると長くなりすぎるので、ポイントだけ説明します。

カップを見ながら打つことで、距離感は良くなるのは間違いありません。

実際に、カップを見ながら打つ練習は、距離感を養うために効果的です。

しかし、デメリットもあります。

それは、「方向性がやや低下する」ということです。

実際に練習グリーンなどで打ち比べてみると分かりますが、カップを見ながら打つ場合は距離感が優れているのに対して、ボールを見ながら打つほうが、方向性は優れます。

つまり、基本的には一長一短です。

多くのアマチュアゴルファーの場合、ロングパットでは、方向性よりも距離感のほうが大事です。

なので、カップを見ながら打つ、もしくは、カップからボールに目を戻したらすぐさま打つ方が、良い結果をもたらすことが多いです。

なので、ロングパットなどでは、カップを見ながら打っても良いと思います。

実際に練習をして、比べてみると納得できるはずです。

しかし、ほとんどのプロゴルファーは、ボールを見ながら打っている。

これは、文字通り「距離感が良いから」です。

なぜ距離感が良いか。

打つ前に「イメージ」ができているからです。

どのくらいの転がり方、曲がり方で、カップのどの辺からボールが入るか。

または、寄せるか。

そのイメージが、キチンと打つ前にできているのです。

そのイメージ力を発揮するために必要な物は、膨大な練習、コースでのラウンド、そして集中力です。

強い集中力で過去の経験からイメージを導き出し、そのイメージにしたがって、打つ。

それで距離感が出るので、ボールを見る必要がありません。
(極希に、カップを見ながら打つプロもいます。そもそも打ち方、構え方が特殊ですが)

それよりも、ボールを見て構えることで「方向性が良くなる」というメリットを選びたいということです。

さらに、ボールを見て打つということは、毎度、構え方が同じになります。

カップを見ると、多少なりとも顔の向きが変わります。

スライスラインならまだ良いですが、フックラインとなると、肩のラインがずれるくらい、顔の向きが影響します。

しかし、多くのアマチュアの場合、ロングパットにおいては、カップを見ながら打ったほうが、方向性低下よりも距離感向上のメリットが上回ると思います。

それぞれのメリットとデメリットと己の実力、経験、これらを踏まえて、選択すると良いです。

短いパットの打ち方に関しては、どのようなパターか、どのような構えか、どのくらいの速さのグリーンか、グリーンの状態は良いのか、など、さまざまな要因によって決まるので、一概には言えません。

ただ、軽めのパターはややパンチ気味、重めのパターはストロークが合っています。

そして、軽めのパターは重いグリーン(昔のコーライのような)、重めのパターは速いグリーンに合っています。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法