倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2012年12月18日

ドライバーの重量調整に関するご相談です


【質問】
「倉木様
いつもブログ及びメール講座にてお世話になっています。

申し訳ありませんが、重量調整のことで相談させてください。

現在、ドライバーは「テーラーメイド R9 max type E」を使用していますが、ネットでFTCスリーブ付きシャフトを見つけ、衝動買いをしてしまいました。

ふと他のクラブとの重量バランスのことが気になり調べたところ、
純正と比べるとシャフトが15g、グリップが10g重くなり、
他のクラブとのながれでこのドライバーだけ突出して重くなってしまいました。

そこで御相談したいのは、アイアンは鉛貼り付けで重量アップ、
ドライバーはグリップ変更で軽量化し、少しでも流れを良くしたいのですがいかがでしょうか?

もしだめなら、今回は勉強したと思って純正シャフトに戻します。

幸い簡単に変更できますので……。

スペック
165cm、67kg、46歳、HS:40前後、ゴルフ暦:4年、平均スコア:110

1W:R9 max type E ALDILA NV 65 S 46インチ クラブ重量:319g(実測)

(純正:Motore Lite 50 R 45.75インチ 294g)

3W:R5 XL PLUS 純正 XL-50 R 43インチ 314g

5I−PW:R9 Max アイアン 純正 Motore 55 R 5I:38インチ 361g

以上、宜しくお願いします。」



【回答】
アイアンよりもドライバーのシャフト重量が重いのはアンバランスになってしまいます。

なので、結論から言うと、純正シャフトの方が合っています。

ただし、アイアンシャフトをNS950などと言った90g台スチールにするのであればドライバーの重量は最適になります。

グリップ重量などで調整すれば数値自体は近づいていきますがシャフトが軟らかく感じたり、ヘッドの効き具合が変わったり、違和感が生じる可能性がありますので、あまりオススメはしません。

さらに、NVS65のSとなるとかなり硬くなりますから、アイアンとの硬度のバラツキが激しくなってしまいますのでその点でもおすすめしません。

純正シャフトの重量、硬度の方がマッチングが良いので、戻したほうが良いです。

ただ、今後、アイアンをスチールシャフトにする事を考えているのであればそれまで温存しておいても良いと思います。

今のところは、純正シャフトの方が良いです。