倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2012年12月25日

鉛によるクラブ重量調整のご質問です


【質問】
「倉木先生

いつもお世話になります。
ドライバーの重量調整についての質問です。
最近購入したPING I20ドライバーが今までのドライバーより若干軽いので、鉛テープでヘッドのトウとヒール部分と、シャフトのグリップ寄りに巻いて311gから319gに調整しました。
因みに以前のドライバーはテーラーR7 425が329g、ヤマハインプレスVが322gです。
(重いのが好みのようです。)
まずはこの調整方法で問題ないか、またわずか8gですが意味があるのか、アドバイス頂きたくよろしくお願い致します。」



【回答】
8g程度であれば、大きな問題はありません。

ただし、注意すべき点がありますので、具体的に説明します。

ヘッドだけに8g貼るのはあまりおすすめしません。

ドライバーの場合、約2gでスイングバランスが1ポイントアップするため、重く感じるようになってしまうためです。

今回はグリップとヘッドに貼って、合計8gアップということなので、あまり問題ありません。

この時注意すべきは

「グリップ5対ヘッド2」

の割合にすることです。

そうすると、スイングバランスがほぼ変化しません。

(もちろん、グリップ側のどの部分に鉛を貼るかによって、割合は変わりますが、概ね5:2)

つまり、グリップ重量が5g増減すると、スイングバランスは1ポイント増減するということです。

8gですから、グリップ5〜6、ヘッド3〜2g程度で良いです。

あえてスイングバランスをアップさせたいなら、4:4程度の割合で貼っても良いです。

ほか、細かい点をいうと、この方法で重量アップを図ると、若干、シャフトが柔らかく感じるようになります。

グリップ5:ヘッド2程度であれば、スイングバランスが変化しなくても、振動数が1cpm程度、(ざっくりいうと、0.1フレックス程度)下がります。

これくらいであれば気にすることもありません。

もしくは、グリップ重量、そのものを、重めのものに交換する。

(例:現状のグリップ重量が45gなら51g程度のものにする)

という方法も有効です。

グリップとヘッドのバランスだけ考慮して、調整してください。