倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2012年08月29日

ドライバーのシャフト硬度選択のご相談です


【質問】
「倉木様

お世話になっております。
本も購入させていただき、いつもブログも楽しませていただいている40歳男性です。
スコアとしては110前後をうろうろしている初心者です。
ヘッドスピードは40前後といったところでしょうか。

さて、アイアンとドライバーの重量差についてご質問させてください。

現在、アイアンは新ゼクシオ(NSPRO, R)を使用しておりまして、ドライバーも新ゼクシオ(MP600M、R)を使用しており、クラブのバランスという意味ではそれほど悪くないと思っております。

ところで、今度、高反発ドライバーのアドバイザーEQ-1プラスチタンウッド(SLEルール不適合)の購入を検討しているのですが、シャフトをRとすべきかSRとすべきか迷っております。
重量としてはRでも290gであり、現状のドライバー(291g)とほとんど変わりませんが、シャフトが0.5センチ短くなるため、予想以上に軽くなりすぎる気もします。
SRでは重量は294gであり、この方が重量の面ではバランスがよいかもしれませんが今度はシャフトが硬くなりすぎるのではないかと懸念しております。

上記につき、SRがよいかRがよいか一度ご意見をいただけますでしょうか。
そもそもメーカーによって同じRであってもシャフト硬度の設定も異なっており悩ましい問題ですが。。

宜しくお願いいたします。」



【回答】
こちらのクラブのシャフトデータが無いため、具体的にどうとは言えません。

ただ言えるのは、一度は試打をしたほうが良いということです。

そして、今使用しているクラブと比較して、何がどう変化するか、確認してみると良いです。

計測してフィッティングをしてもらえば、Rが良いか、SRが良いか、選択できます。

硬度に関して1つ言えることは、ゼクシオのシャフトは先端系が少し太いことです。

これにより、先端が硬くなります。

通常のシャフトであればそれより細くなりますので、先端のしなりは感じやすくなります。

そういった点では、SRでも硬く感じにくいと言えます。

とは言え、試打をすることをオススメします。

また、シャフトの長さもメーカーによって計測方法が様々ですから、実測で長さを比較してみると良いです。

1つ例をあげると、テーラーメイドの45.5インチ表記クラブよりダンロップの45インチ表記クラブのほうが実質的に長いです。

実物を見て、試打して、今のクラブと比較すると良いです。


 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。