倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2012年07月24日

アイアンシャフトに関するご相談です


【質問】 
「倉木様
はじめまして いつも 参考にさせて頂いております。

アイアンのシャフトの選び方について ご相談させて下さい。


現在 スリクソン Z-TX NS950 S
を使用していますが、左に引っかかる球が 出てしまい クラブ自体も 軽く感じてきました。

ちなみに ドライバーのヘッドスピードは 量販店での 測定で 48〜50程度でした。

Z-TXのヘッドは 気に入っているので、
リシャフトを 考えています。

どんな シャフトが合うか 教えていただき思います。 宜しくお願い致します。」




【回答】
ヘッドスピードに対して現状のシャフトは軽いので、おっしゃるようにリシャフトをすると良いです。

引っ掛けが出るということであれば、ダイナミックゴールドS200〜S400がオススメです。

引っ掛けとは真っ直ぐ左に出たり、さらにそこから軽くフックするボールのことと思いますが、これはアウトサイドイン軌道になることが原因である可能性があります。
(もちろん、アイアンのライ角もチェックしてみて下さい)

ダイナミックゴールドは、手元側が相対的に軟らかめで、先端のしっかりしたシャフトです。

つまり、元調子のシャフトです。

このような元調子のシャフトは、アウトサイドイン軌道を弱める効果があり、引っ掛けを軽減してくれます。

そう言った点でも、ダイナミックゴールドがオススメです。

最初は重いためにヘッドスピードダウンで飛距離が落ちると思いますが、3ヶ月もすれば慣れます。

ヘッドスピードに対して軽すぎるシャフトを使用し続けるとスイングの上達が頭打ちになるどころか悪いクセが付きますから、早めの交換をオススメします。

交換の時、ついでに、今のライ角で合っているか、ライ角、ロフト角がキチンとフローしているか、なども見ると良いです。

グリップ装着状態でライ角を変更すると、スイングバランス(D1とかD2などのアレです)が変化してしまうからです。

リシャフトの時、ついでにやってしまうと良いです。

気に入ったヘッドであれば、大事に長く使って欲しいと思います。


 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。