倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2012年06月28日

ドライバーとアイアンの重量についてのご相談です


 【質問】「倉木様

お世話になっております。
本も購入させていただき、いつもブログも楽しませていただいている40歳男性です。
スコアとしては110前後をうろうろしている初心者です。
ヘッドスピードは38〜40といったところでしょうか。

さて、アイアンとドライバーの重量差についてご質問させてください。

現在、アイアンは新ゼクシオ(NSPRO, R)を使用しておりまして、ドライバーも新ゼクシオ(MP600、R)を使用しております。
現時点で大きな不都合は感じていないのですが、ドライバーとアイアンとの重量差が100グラムを大きく超えている点が少し気になっております。

また、使用し始めたころと比べてドライバーで引っ掛けが出始めた点が気になっております(身体が回らず手打ちとなっている?)。

飛距離性能自体は満足しており、シャフトはRのままとしたいと考えているため、MP600Mの購入を検討しておりますがどうお考えでしょうか。
やはり現状のMP600は軽すぎでしょうか。それとも気にしすぎでしょうか。

お忙しいところ恐縮ですが、アドバイス頂ければ幸いです。
宜しくお願いいたします。 」




【回答】
重量差はそれほど問題ではありません。

ドライバーが282g、5Iが394gで重量差112gですが、シャフトの長さの差が8インチと大きめです。

これはドライバーが46インチと長いためです。

1インチにつき12g〜13g程度の重量差が妥当な数値になります。

8インチだとおよそ100〜110gの重量差が妥当なラインです。

そう考えると、重量自体は大きな問題ではありません。

45インチ換算だと295g程度のドライバーになるのでヘッドスピードに対して大きくズレているわけではありません。

若干軽め、という程度です。

ただし、あまりに引っ掛けが多いならシャフト硬度を上げても良いかもしれません。

インパクト時にクラブヘッドがやや先行する形で引っ掛けが出るならば、先端が今よりもしっかりしたシャフトにすることで少し防止できます。

MP600Mにすれば先端硬度は上がりますから、引掛け防止は期待できます。

また、重量的にもより理想的な数値になります。

交換する価値は十分あると言えます。