ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2012年06月30日

打点がヒールに集中してしまうご相談です


【質問】「拝啓
こんにちは。初めてお便りさし上げます。
3月のマクレガードームアイアンを購入(7-PW R セット)
4月の同AWを追加購入ししたが、PWだけ極端にヒールにあたり
シャンクも頻発してます。 スイングが悪いせいでしょうか。
他のクラブはシャンクは一度も出たことありません。
以上宜しくご教授くださいませ。
敬具」




【回答】
PWだけヒールに当たるのであれば、PWだけライ角がアップライトになっている可能性が高いです。

番手間の流れの中で、アップライトになっているということです。

この場合、ライ角を調整することで、大抵、解決できます。

ただし、マクレガードームアイアンはマレージングという非常に硬い素材を鋳造製法で作っているのでネックを曲げてライ角調整することができません。

方法としては、シャフトを一回抜いて、再度装着する時、ライ角がフラットになるように装着する、という方法になります。

まずは現状のライ角のフローを全番手、確認してみて下さい。

PWだけアップライトになっているかもしれません。

このような加工は腕の良いクラフトマンじゃないと正確にできないので、評判の良い工房を探して依頼して下さい。

技術と正確に計測できる機材が必要になる加工です。

ライ角に問題が無かった場合は、グリップの向きを確認してみて下さい。

PWだけフックに装着されていたりすると、フックグリップが強くなって、ヒールに当たりやすくなったりします。
(それだけで特定の番手が不調になるのは稀ですが、一応)


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法