倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2012年05月20日

アイアンの買い替えのご相談です


【質問】
「はじめまして

いつも楽しくブログ拝見させていただいております。

ご相談がありメールさせていただきました。


アイアンのモデル選びについてです。

現在、私は10年くらいテーラーメイドの300フォージド DG S300を使用しています。

HC15の弾道はややドロー、

ドライバーでHS47くらいです。


競技等に参加しているわけではなく、

仲間とのラウンド又、仕事でのコンペ等でゴルフを楽しんでいます。


今でも気に入って使用しているのですが、

友人たちから、そろそろ変え時じゃないか??などと言われ

気分転換にクラブを変えようかなと考えています。


しかし、クラブの種類がありすぎて、

何かとフォージドって名前がついてるしで、

何を基準に選んだらいいかさえもわかりません。


現状変える必要ないのでしょうか?

それともクラブのヘタリっていうのはでてきているのでしょうか??

選ぶ際に大切なポイントがあれば教えてください。


漠然としていますが、

オススメのモデル等もあれば教えていただきたいです。

よろしくお願いいたします。」




【回答】
現状のモデルに特に不満がなく、

気分転換程度に変えたいのであれば、

似たモデルを探すと良いです。


300フォージドのような軟鉄鍛造

上級者向けキャビティーアイアン、というジャンルは

根本的に大きな進化をしていません。


昔と比べて精度の上昇はしていますが、

根本的な設計思想、コンセプトは変わっていません。


このクラスのモデルは、以下のような基準で選択すると良いです。(ヘッドについては)



・ロフト角、ライ角

・ヘッドの大きさ、構えた時の印象

・打球音(打感)


機能よりも、感性にうったえる部分が大きいモデルなので

どれを選んでも大きな失敗はありません。


300フォージドからマッスルバックに変えると

基本的にヘッドが小さくなるので

操作性は向上しますが、当然、芯は小さくなります。


なので、上級者向けハーフキャビティーあたりが良いと考えます。


また、ロフト角が極端に変わらないモデルが良いです。


300フォージドのロフト角を調べて、

それに近いモデルにするか、またはその角度に調整して使用すると良いです。


意図的に300フォージドから弾道の高さなどを変更したい場合は

ロフト角を変更するといいです。


同じテーラーメイドだと、

ツアープリファードMCあたりがオススメです。


わずかにロフトが立っているので、寝かせると同じになります。


あとは、シャフトも同じ銘柄にすると良いです。


クラブのヘタリに関してですが、

かなり打ち込むとメッキがはがれて溝のカドが丸くなり、

バックスピン量が減少することがあります。


SWなどは如実に表れます。


シャフトのヘタリはあります。


スチールシャフトの方がカーボンよりへたります。


ただ、へたったから性能が低下するというものでもなく

少し柔らかく感じるだけです。


逆に、そのへたった感じが好きで

あえて新しいクラブに装着するゴルファーもいるくらいです。
(ネックの長さに問題がなければ)


まとめると


・上級者向け軟鉄鍛造キャビティーアイアンヘッドにすれば大きな問題はない

・ロフト角の変化をよく見る

・シャフトは同じ物を


となります。


もちろん、300フォージドも十分今でも通用する、

何ら劣ったアイアンではありませんので、

使い続けても良いです。


買い換える必要性は、特にありません。