ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2012年05月25日

ドライバー選びのご相談です

【質問】
「HC15 HS47
ややドロー
エンジョイゴルファーです。

ドライバーのモデル選びについてご質問があります。

ドライバーは現在プロギア TR DUO340 9°CFM ツアーAD I-65 Sを使用しています。
8〜9年くらい使っています。

間に一度ナイキのSQツアー10.5にツアーADクアトロテック65 Sを使ったこともあったのですが、振りにくくて数ヶ月でもどしてしまいました。

現在は、力んだ時のチーピンが気になっています。(ラウンド中1・2回くらい)ドライバーはやっぱり飛ばしたいのでできるだけ振りやすいクラブ、飛ばしやすいクラブに買いかえたいと考えています。

ドライバー選びのポイントやオススメのモデルがありましたら教えてください。よろしくお願いいたします。」




【回答】
現状のモデルが小ぶりで操作性が良いので同じように操作性の良いモデルが良いです。
また、チーピンを少し抑制したいということなので
若干今よりヘッドがターンしにくいものにすると良いです。

さらに飛距離を伸ばしたいとのことなので、平均飛距離を伸ばすためにヘッドを大型にすると良いです。

あとは単純にシャフトを長くすれば
ヘッドスピードが上がりますので飛距離は伸びます。

つまり、
今より大型のヘッドで、かつ、
ある程度操作性が良く、
今よりフックしにくいもの、
になります。

460ccでも比較的操作性の良いモデルはありますが
340ccからの交換なので、
まずは400ccくらいのヘッドを使用すると良いと考えます。

具体的には、新し目の所だと

・Xドライブ705タイプ415
・MPザ・クラフト611
・MPクラフト425+

あたりがオススメです。

※基本的に、ミズノ、ブリヂストンのヘッドは、操作性が良い物が多いのです

シャフトは今のものと同じでも良いと思います。

I65はフック防止になりますので、今よりもつかまりの良いモデルにはしないようが無難です。
(チーピンが悪化するので)

今のシャフトを抜いて、新しいヘッドに装着する方法もありです。
(加工方法によってはシャフト折れのリスクは高まりますが)

その場合、今のドライバーのクラウンがシャフト脱着の熱で剥がれる可能性がありますから、それは覚悟したほうがいいです。
  

 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法