ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2012年01月31日

アイアンのシャフト選びのご相談です


 【質問】
「倉木様、はじめまして。


ブログを拝見し質問させて頂きたいと思いメールさせて頂きました。


15年ぶりにゴルフを再開しようと思い、

アイアンセットを買い換えようと思っていますが、

シャフトの堅さの選定で迷っています。


アドバイス頂ければ有り難いです。


現在の年齢は57歳、身長165センチ体重65キロ、男です。


15年前は100前後のスコアで回っていました。


ショップでヘッドスピードを図ったら

最高のショットをした時で39でした。


「カーボンのR」・・もしくはもっと柔らかくても良いくらいと

言われました。確かにその通りだと思います。


ずっとスチールシャフトを使っていたからか、

カーボンの「R」を振った感じに違和感を感じてしまいます。


先っぽがニャラニャラして、インパクトの時の「しなり」を計算して

正確に充てることができない様な頼りな〜い印象です。


「SR」とか「S」の方が余計なことを考えずに振れる気がしました。


私の今現在のメンタルなものでありカーボンに慣れれば良いことだ・・

と割り切って考えても良いのか?


それとも今現在の感触が良かった「SR」や「S」が良いのか?


具体的にはゼクシオ7のカーボンを考えています。


ゼクシオは同じ「R」でも他のメーカーより

柔らかめ・・だとも聴いていますし・・


私のアイアンショットは、ショップの人にもゴルフ仲間にも

払うタイプではなく打ち込むタイプだと言われています。


払うタイプと打ち込むタイプの違いは堅さの選定に考慮する

べきでしょうか?


もし私みたいな非力な人間(ヘッドスピードが遅い人間)が

「S」を使った場合、大きな問題が出ますでしょうか?


イロイロ質問してすみません。

よろしくお願いします。」



【回答】
ヘッドスピードが39m/sだから

軽くて軟らかい方が良いとは一概に言えません。


重めのクラブでゴルフを覚えた人は

やや重めのクラブがあっています。


ゴルフを始めた時、

どのようなクラブを使用していたかはわかりませんが

もし重めのシャフトを使用していたのであれば

今回のゼクシオの純正シャフトのようなものは

まるで違和感があって打ちにくいと思います。


ヘッドスピードが39m/sであっても、

やや重めのクラブでゴルフを覚えたのなら

重めの方が良いです。


また、今は再開したばかりで

ヘッドスピードが遅くなっている可能性も高いです。


なので、今のヘッドスピードに合わせたクラブを使用してしまうと

ヘッドスピードが上がった時(戻った時)にクラブが合わなくなってしまうか、

またはヘッドスピードそのものが上がらなくなってしまい可能性があります。


ヘッドスピードが上がらなくなってしまうのは、

今のヘッドスピードが合っていて上手く打てるので、

そのスイングから抜け出せなくなってしまうということです。


道具というものは、基本的に合わせるというより

使いこなすものなので、

上手く道具を選択していけば、自分のレベルを高めてくれます。

(無茶をすればケガにもつながりますが)


なので、今回は90g台のスチールシャフトの

Sフレックスを使用してみてはいかがでしょうか。


既製品ならば、NS950が最も多いシャフトになるので、

NS950あたりが無難です。


(ゼクシオならば、NS920になります。)


ダウンブローに打ち込むタイプの方は

シャフトがある程度しっかりしている方が

良いイメージを作れます。



それ以外であれば、トゥルーテンパー社の

GS95のSが良いです。


こちらの方が弾道が上がりやすいシャフトです。


ただ、既製品にはほとんど装着されていませんから

多くのクラブの場合は特注対応などになります。


日本のアマチュア向けカーボンシャフトは

非常に軟らかいものが多いです。


USモデルのレディースシャフトでも

ここまで軟らかいものはあまりありません。


ある程度重いほうがスイング軌道やテンポが安定するし、

手打ちにもなりにくく、

体の大きな筋肉を使って打てますから

良いスイングが身につきやすいです。


ゼクシオの純正カーボンは見送ったほうが良いと考えます。



 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法