ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2011年12月27日

シャンクのお悩みです

【質問】
「倉木様


最近、無料メール講座を申し込ませていただいた者ですが、

楽しみに読ませていただいております。


私は、ゴルフを始めて(初めてコースに出てから)5年程で、

週1の練習と年に4回ぐらいのペースでゴルフをやっています。


身長は168cmで、 63kg 41歳になります。


が、1WのH/Sが38〜39m/sで、何とも非力な現状です。


それでも、ここ2年ぐらいはロフトの立ったアイアンのおかげで、

スコアも110を切るぐらいまで来たのですが、

今年の10月ぐらいから、暫く影を潜めていた「シャンク」が連発するようになり、

それも2年ぐらい前に多発していた頃よりも酷く、

最近ゴルフが楽しくありません。


アイアンはBSのVIQ2008のスチールシャフトで、硬さはRです。


飛距離は、PWで110 7Iで140ぐらいです。

(但し、アイアンは当たっても引っ掛けが多いです)


それで、倉木様の過去の質問の答えの中に、

「シャンク」の原因にインサイドアウトの軌道に問題がある

と言う記事がたくさんあったので、

自分も疑ってみてボールを左側に置いて打つ練習をしているのですが、

左に飛び出してそのまま右に戻らず真っ直ぐ飛んでいく玉しか出ません。


シャンクが出た時にクラブを見ると、

ネックのとんでもない所にボールの跡がついているのですが、


私は時々自分の携帯で、前方と後方から動画を撮ってチェックしており、

どんなクラブでも大抵アウトサイドインの軌道に見えます。

(素人目ですが)


素人推測で申し訳ないのですが、私の場合、

アウトサイドイン軌道で、閉じたフェイスの先にボールが当たって


フェイスを転がってネックに当たるシャンクという可能性はありませんでしょうか?


打球音が、「どうやったら、そんな音がでるの?」という、

とても複雑な音がするのも気になります。


私は、トップの時に左手が、

一般の人は甲側に折れるケースが多いのに、始めた頃からずっと掌側に折れる

クセがあり、修正するのにかなり時間を費やした事があります。(多分、握力が少ない)


色々と、勝手な推測話を書いてしまいましたが、

倉木様のアドバイスをお聞かせ願えれば幸いです。



あと、話は変わりますが、

1Wのシャフトのご意見をお聞きしたいのですが、現在

BS X−DRIVE 435 10.5度 パーシング55R 307g D1

という組み合わせを使っているのですが(元々、知人から貰ったクラブ)

純正のSシャフトでは、玉が全然上がらず、

パーシングにリシャフトしてからは、気持ちよく振れる

ようになって玉も上がるようになりましたが、

私にはオーバースペックでしょうか?


もう1つ、最近X−DRIVE GR 2010 

純正SRを購入したのですが、グラファイトデザイン社以外の

シャフトで、私が使えるような

倉木様のお奨めのシャフトがありましたらご教授下さい。


以上、長々と申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。」





【回答】
シャンクの原因ですが、

おっしゃるようにフェース面をボールが移動してネックに当たる、

ということは有りません。


インパクトの瞬間、確かにボールはフェース面の向き、

スイング軌道、ロフト角に応じて移動しますが、

その移動する距離は、ほんのわずかです。


基本的に、シャンクは


・ハンドファースト過ぎる状態

・フェースが右を向く

・スイングプレーンがフラット

(インパクト時にトー側が浮く)


これらの条件がそろうと、

シャンクしやすくなります。


そして、この条件が揃いやすいのが

インサイドアウト軌道のスイングである、ということです。


アウトサイドイン軌道でも上記条件を満たすなら(稀ですが)

シャンクは出ます。


根本の原因は、切り返し時に左手首が

掌側に折れすぎることにあると考えます。


掌側に折れるということは、

フェースがクローズになると言うことです。


そのまま打つと引掛けになりますから、

ハンドファーストにしてフェース面を逃がすことで

引っ掛けを防止します。


また、切り返しで掌側に折れると

クラブが寝て降りて来るので

スイングプレーンもフラットになります。


掌側に折れる原因としては

まずグリップが考えられます。


フックグリップが強すぎると、

トップからの切り返しで掌側に折れやすくなります。


なので、まずはグリップを見なおしてみてください。


スライスを防止したり、

ボールをつかまえるためにフックグリップにすることは

よくあることですが、それが過ぎてしまい、

このような状態になってしまうケースは多いです。


また、この打ち方だと基本的にフェースローテーションができないので

ヘッドスピードが上がりません。


そういった点でも、グリップが疑わしいです。



ドライバーのスペックに関しては、特にオーバースペックでもありません。


ヘッドスピード的には少し足りませんが、

体力的に十分使いこなして行けるはずですから、

大きな問題はありません。


まずは、グリップを調整し、

切り返し時の左手首の折れ具合、

クラブのループ具合に注目してみてください。


デジカメなどで撮影すると良いです。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法