ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2011年11月30日

クラブセッティングのご相談です

【質問】
「倉木様


質問コーナー、大変興味深く拝見しております。


自ら質問をさせて頂くのは初めてです。宜しくお願い申し上げます。


質問は各クラブの繋がりです。


HSは40(量販店で43程度)、

スコア95〜105のアベレージゴルファーです。40歳、身長180cm、体重80kgです。

Drで200Y−230Yぐらい、PWでキャリー100yぐらいでしょうか。


DR-レガシータイプS-ランバックス5F09(R)

5FW-レガシーエアローランバックス5F09(R)

4UT(ロフト24度)レガシー2010アイアン

5I-PWーフォーティーンTG510FG

50度/56度ーフォーティーンJSPECU

UTから56度までのシャフトは島田のKs-3001のR


以上の流れを考えていますが、どのような印象を持たれますか? 

ドライバーとアイアンがマッチしていない?

5WのシャフトはツアーDI-6(S)も考えています。

また、ランバックス6f09(R)のほうが良いのだろうか?

とも 等、悩んでいます。


過去歴で勉強させて頂いた限り、

Drと5Wは同じシャフトは駄目なのだろうか?とも。

悩みはつきません。  


どうぞ、宜しくお願い致します。 」





【回答】
重量的には、ドライバーとUT、アイアンは良いと思います。


ドライバーはキャロウェイの純正グリップなら

大体45gくらいですから、45インチでD0〜1程度だとしたら

クラブ総重量は300g〜305gくらいになると思います。


アイアンも51gくらいのグリップなら5Iで410g弱くらい

だと思います。


ただ、おっしゃるとおり5Wは軽すぎますので

すぐにリシャフトした方が良いです。


候補にDI6とランバックス6Fをあげていますが

ドライバーとのマッチングを考えるなら6Fの方が断然良いです。


5F、6F、共に全体的にしなるクセのない中調子(実質的に)ですが

DIはランバックスFより手元が硬いシャフトです。


フィーリングは少し異なりますからDIはオススメしません。


また、フェアウェーウッド用にドライバー用の高価なシャフトを

使うのが勿体無いということであれば

日本シャフトのNSプロGT700FW(S)も良いです。


クセの無いところはランバックスFと似ていますので

マッチングは悪くありません。


あまり硬くないシャフトなのでフレックスはSで

ランバックス5Fと同じくらいの振動数のマッチングになります。


ランバックスはクセの無い中調子という感じです。


アイアン用のK's3001は手元と中間に対して先端が柔らかい

先中調子系になります。


島田シャフトはこういう剛性のシャフトが多いです。


いわゆる弾き系シャフトです。


弾きが良く、ボールが上がりやすいのが特徴で、

強く打ち込んで厚いインパクトを好む人には合いません。


ボールをクリーンに拾って弾くスイングに合います。


印象としては、このような所です。


5W以外は問題ありません。


個人的にも島田ゴルフのシャフトは好みです。


もっと評価されても良いと思いますね。



 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法