倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2011年08月24日

クラブセッティングのご相談です


【質問】
「倉木様

何時も、貴重な情報やレッスンを参考にさせていただいております。


現在使用中のアイアン(PRGR TR915CR)はスチールシャフトで総重量は

5番で400グラム、長さは37.75インチです。 


ドライバー(PRGR T3 305ブルー)は

カーボンシャフトで総重量296グラム、長さ45インチです。


ヘッドスピードが40M/S(シャフトフレックスはこれで統一してあります)ぐらいですので

アイアンとドライバーの総重量のフローは問題ないと思われますが、

問題はユーティリティ(PRGR ZoomX)で以下の3点はカーボンシャフトで


2U 327グラム 41インチ(2番アイアン又はショートウッドの代用)

3U 337グラム 40インチ(3番アイアンの代用)

4U 341グラム 39.5インチ(4番アイアンの代用)

です。 


アイアンとウッドの総重量フローに比べ30グラム〜40グラムほど

軽すぎるのではと思うのですが


如何でしょうか(コースでフルショットの際、トップすることが多いです)? 


もしそうであれば


@ 総重量のバランスが取れるものに買い換える

A リシャフトする


で総重量フローをマッチさせたいのですが、

経済的理由からなるべくAを考えたいと思います。


その際、スチールにすべきか、

カーボンの重いものにすべきか等、具体的にどうすべきか悩んでおります。 


Aを行う際の注意点等をご教示いただけますようお願いいたします。」





【回答】
UTの重量が軽いのでは、という点についてですが、

重量的には、リシャフトしなければならないほど

軽いわけでもありません。


というのは、カーボンとスチールでは

20〜30g程度の重量差があって

同じようなフィーリングになるからです。


スチールで400gのアイアンとカーボンで380gの

アイアンは同じくらいのフィーリングということです。


カーボンのほうが数値以上に重く感じるわけです。


なので、それほど極端に軽いわけでもありません。


トップなどが気になるなら、

ヘッドに2g程度の鉛を貼ってみてはどうでしょうか。


ヘッドが効くようになりますので、

トップしにくくなります。


どうしてもリシャフトしなければならないレベルでもありませんが、

それでもスチールにリシャフトする場合は

80g台の軽量スチールあたりにすると良いです。


また、スチールにするとバランスを取るため

少し短くなることがあります。


重量を気にしているということで、

とてもいい点に目をつけていると思います。


是非、参考にして頂ければと思います。