ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2011年08月30日

ロングアイアンの打ち方のご相談です


【質問】
「先週より無料講座のメールをいただいております

石井と申します。


ゴルフを本格的に始めてまだ8ヶ月の初心者ですが

講座は雑誌には書いていないような核心的なことを

読ませていただきまして大変参考になり、

なるほどと思うことばかりです。

本当にありがとうございます。


私は44才、身長 183cm 体重 60kg と痩せ型で

ヘッドスピードは34〜38と非力です。


今までコースは4回ほど周りりましたが

スコアは115か〜147とまだまだです。


今回メールをさせていただきましたのは、

ロングアイアンの3番ユーティリティ、4、5番アイアについてです。


全く当たりが悪く、

全て100ヤードから120ヤードくらいで

この3本どれで打っても同じです。


ダウンブローでたたくようなイメージで打とうとすると

スライスしてしまったり、

ボールから目をはなさないようにと意識するとダブってフックだったり、

トップしてゴロになったりバラバラです。


弾道は上がらず低いです。


始めたころは4番で150ヤードくらいは飛ぶこともありましたが、

色々考えて打つようになって余計に当たらなくなっています。


ドライバーのスウィングは下半身から体重移動して

クラブを下ろす時に右ひじを体にくっつけるようにして

インパクトの初速を早くさせるとありましたが、

ロングアイアンも同じ考え方のスウィングで

ダウンブローで打つというイメージなのでしょうか?


また何かの雑誌でプロが


「ロングアイアンはU字を描くイメージ、ショートアイアンはV字を描くイメージ」


と言ってましたがそんな感じなのでしょうか?


そうするとドライバーは円を描くイメージなのでしょうか?


クラブはナイキのイグナイトハイブリットアイアンです。


ショートアイアンはまずまずの当たりです。


特にロングアイアンについては混乱しておりまして

大変厚かましいのですが、ロングアイアンのスウィングの方法や

良い練習方法などをアドバイスしていただければと思いますので

どうぞよろしくお願いいたします。」




【回答】
長い番手の弾道が低いのであれば、

Uの字を意識したスイングにした方が良いです。


なぜなら、インパクト時にハンドファーストになり過ぎて

弾道が低くなってしまっている可能性があるからです。


逆に、ショートアイアンはハンドファーストを

強めにして打っても良いので、

V字のイメージで良いです。


ただし、弾道が低い原因が

クラブスペックに問題がある場合は

クラブスペックを見直す必要があります。


どういうことかというと、

さほどハンドファーストになっていないにもかかわらず

ボールが上がらないのなら、

それは打ち方ではなくクラブに問題がある、ということです。


ここで、スイングに問題がないのに

スイングに問題があると思い込み、

無理にボールを上げようとすると

ヘッド先行させたインパクトになってしまいます。


これは、タメの無いスイングです。


こうなると、飛距離、方向性、共に悪化します。


なので、まずは

何が原因で弾道が低いのかを

正確に把握する必要があります。


もっとも良い方法は、

ゴルフショップで今のクラブがあっているか、

一度見てもらうことです。


そこで計測器などで測定してもらい、

現状のインパクトがどうなっているか、

クラブがあっているのか、を確認すると良いです。


現状を把握し、問題を認識することは、とても重要です。


まずは、これを行ってみてください。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法