倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2011年05月17日

アプローチが右に出てしまうお悩みです


【質問】
「球を上げても、転がしても右に出てしまいます。

シャンクと違いトウ側に当たっています。

どう打っていいか分かりません。

教えてください。」



【回答】
手打ちになっていることが原因だと考えられます。



手打ちとは、

トップからの切り返しで

手から始動してしまうことです。


下半身始動ができていない、ということです。


アプローチという小さなスイングでも

特殊な打ち方(ロブショットなど)ではない限り

下半身始動をする必要があります。


なぜ手打ちだとトー側に当たって右に行ってしまうか。


まず、手打ちだとスイング軌道がアウトサイドイン軌道で、

スイングプレーンは縦振りになります。


かつ、フォローで左肘が引けやすくなります。


これは、下半身が先行して回っていかないために

フォロースルーでの「腕の通り道」が無く、

詰まってしまうためです。


結果、左肘が引けてしまうのです。


つまり、


・アウトサイドイン軌道

・縦振りのためインパクトでヒールが浮く

・フォローで左肘が引ける


という状態なので、トー側に当たってしまうのです。


アウトサイドイン軌道だと左に振りぬくので

トー側に当たりやすくなります。


縦振りだとインパクト時にヒールが浮くので

トー側に当たりやすくなります。


フォローで左肘が引けると

クラブヘッドも内側に引けるのでトー側に当たりやすくなります。


縦振りでトー側に当たると

ボールは右に出ます。

(当たり負け&ライ角の影響)


問題は


「手打ちになっている」


ということですので、

下半身始動のアプローチをすることが解決策になります。


下半身始動のアプローチの打ち方を簡単に説明します。



距離5ヤードキャリーさせる程度の

ピッチエンドランの練習が効果的です。



スイングは、クラブヘッドが手元を追い越さないようにしてください。
 

ハンドファーストをキープするということです。


スイング中に、手首はほとんど使わないで、

キープしてください。

(あくまでハンドファースト、下半身始動のアプローチをマスターするまでは、です)


フォロースルーでも、

クラブヘッドが手元を追い越さないようにします。


この打ち方だと、

下半身を使って回転しないと打つことが出来ません。


下半身始動をしないと打つことができません。 
 

「ハンドファーストをフォローまでキープして下半身を使って5ヤード〜10ヤード打つ」


この練習をしてください。


次第に、打点がトー側ではなくセンターに集中してきます。


ヒールに当たるようになったり、

シャンクするようになったら

逆に下半身(足)を使い過ぎ、

ハンドファーストになり過ぎ(振り遅れ)

という合図になります。


何でもやり過ぎは良くありません。


丁度いい塩梅があります。


下半身始動のアプローチができるようになると

方向、距離感が抜群に安定します。


当然、今のように右にも行かなくなります。



ぜひ実践してみてください。