ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2011年03月29日

打球痕が分かるシールについて


【質問】
「はじめまして。

ゴルフ相談ブログの2006年06月26日を見てメールしました。

「フェース面に当たったところに跡が付くシール」とありますが、これはどこの
メーカーの何という商品でしょうか?


お手数ですが、教えていただけたらと思います。


宜しくお願い致します。」





【回答】
こちらの商品です。



>ライトショットマーク



フェース面にシールのように貼り付けることが出来ます。


ヒール側に集中して当たる場合は

インサイドアウト軌道になっている可能性が高いです。



逆に、トー側に集中して当たる場合は

アウトサイドイン軌道になっている可能性が高いです。


打球痕を確認することで、

自分のスイングの現状把握が行い易くなります。



トー側に集中するスイングの特徴として


・手打ちになっている

・初心者

・スライサー


があげられます。


ヒール側に集中するスイングの特徴としては


・振り遅れている(手が振れていない)

・体重移動、スウェーのしすぎ

・シャンク、プッシュアウト、フックが出る


などがあげられます。


1ヶ月に1回位は

打球痕の偏りを調べてみてください。



 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法