ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2011年01月29日

バンカーショットについてのご相談です


【質問】
「前略 平素のご指導感謝いたしております。

標題の件ですが、昨日のラウンドです。


後半16番ホール終了の時点で2オーバー、17番でボギーで3オーバー、

最終ロングをパーなら久し振りの39で上がれるかと思ったのですが、

第3打をバンカーに入れ、そこからトップのOBとなりました。


原因はカチカチのバンカーです、状況は判っておりましたのでサンドは

使わずPSで打ったのですがそれでも跳ねられました。


バンスを使わないようにしたのですが上手く対処できませんでした、

考え方、技術等についてアドバイスをお願いします。」





【回答】
これは特殊な状況ですね。


バンカーが硬いのでバンスの無いPSを使ったということですが、

この場合はSWが良いです。


なぜなら、特殊な打ち方が必要になるからです。


どんな打ち方か?


ポイントを説明すると、


・アウトサイドイン軌道

・ややハンドファースト

・ソールの「面」を地面に叩きつけつつスライドさせる


ということです。


まず基本はアウトサイドイン軌道です。


ダウンブローに入るからです。


つぎにフェースは開かないことです。


バンスが効かなくなるくらいハンドファーストにします。


この状態でアウトサイドイン軌道にするためには

フォローでかなり左ひじを「引く」必要があります。


そして、インパクトではバンスがはじかれないように

カマで稲を刈るようにソールをスライドさせるイメージで打ちます。


そうすると比較的はじかれにくくなります。


低く打ちだし、スピンが効いて止まってくれます。


ランが出ても良いのならSWのリーディングエッジで

ボールに直接当たるようなインパクトにしても良いと思います。


これだとスピンがかかりにくくなりますので

ランが出せるときだけやってみてください。


いずれにしてもバンスが効かないように

ハンドファーストにするのが基本です。


PSでハンドファーストにすると

球が低くなりすぎてしまうので

SWが良いです。


バンスが効かないレベルまでハンドファーストにすれば

PSでもSWでもさほど変わりません。



 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法