ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2010年12月07日

シャフト選びのご相談です


【質問】
「倉木さま。

ブログ楽しく拝見させていただいています。


八月はじめにクラブセッティングの相談をさせていただいたものです。


重量が軽いとご指摘頂いたアイアンを八月下旬に買い換えました。


キャロウェイX16NSプロ990

→キャロウェイXフォージド2007DGS300に。


はじめは重量感があり振れていませんでしたが

最近やっと慣れてきまして、

先日10年ぶりに81を出すことが出来ました。

アドバイス有難うございます。


そこでもう一つ質問させてください。


全体的によくはなっているのですが、

どうしてもドライバーがイマイチでして…

現在友人からEV7のドライバーを入手して使用しておりますが、

良いときと悪いときの差があり

以前まで使用していたマミヤプロフォースに戻そうかと思っております。


DGS300とEV7は組み合わせ的にいかがでしょうか?」




【回答】

フィーリングはかなり違うと思います。



DGS300は粘りのあるフィーリングです。


しかし、EV7に粘り感はありません。


シャープな印象のシャフトです。


あまり先端もしならないので癖の少ない

棒のような、しかし若干弾き感のあるシャフト、

という印象でしょうか。


マミヤのシャフトの関してはプロフォースのどのモデルかにもよりますので、

何とも言えません。


しかし、プロフォースは粘り系が多いので、

粘り系のシャフトでマッチしていたのかもしれないですね。



アイアンとドライバーのフィーリングを合わせたいということであれば

もう少し粘り、しなり感のある70g台〜60g台後半シャフト、

がおススメです。



是非、参考にして頂ければと思います。



 




ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法