ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2010年09月27日

パターの重量と長さについて


【質問】
「倉木様

いつも楽しく拝見させていただいております。


パターについてご質問します。


長さが35インチのパターを使用しておりましたが、

長すぎてボールの位置が遠くなって打ちにくいので

自分で2インチほどカットしました。


カットした分、ヘッドに色々な重さの鉛(最大で20g)

を貼ったりして試したのですが、

結局何も貼らない状態が一番良い感じなので、

そのまま使用しています。


元の状態から比較すると

バランスはかなり軽くなった訳ですが、

このまま使用して問題ないでしょうか。


それとももう少しヘッドを

重くした方がよろしいでしょうか。


パターのスペックは、長さがおよそ33インチ、

総重量485g、グリップが60g、ヘッド重量は340g位と思います。


ヘッドはピンタイプです。


身長は178pですが、長さは適正でしょうか。」





【回答】
33インチでも問題ありません。

構え方、打ち方によります。


ボールが近くなりすぎて

目の真下より体寄りにボールが来なければ

大丈夫ですよ。

あとは構えた時にヒール側が浮かなければ大丈夫ですね。


プロでも180cm以上で32インチのパターを

使用している人は何人もいますよ。


それと、ヘッド重量が軽くなってしまう点ですが

軽くて打ちやすいならそれでも問題ありません。


パターヘッドの重さ、

スイングバランスはドライバーやアイアンのように

シビアになる必要はありません。


ただ、軽いパターは早目のテンポでフィーリングが出しやすいが不安定、

重めのパターはゆっくり目のテンポで方向性が良く安定するがカンが働きにくい、

という特徴があります。


その特徴を理解したうえで、使用してみてくださいね。



 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法