倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2010年08月18日

クラブセッティングのご相談です

【質問】
「いつも楽しく拝見させて頂いてます。


ところでクラブの重量とセッティングについて、

ご質問させてください。


1.重いクラブを使用している人から

「球質が重くなる」という言葉を時折耳にしますが、

これはどういう意味なのでしょうか。


重いクラブの方がスイングは安定する半面、

ヘッドスピードは落ち飛距離も落ちる、

その結果、球が落ち着く、というのが自分の理解ですが、

その他の影響はあるのでしょうか。


2.現在使用しているドライバーは325グラムでD2.5、

HS45程度で、アイアンのシャフトはNS950を使っています。


ドライバーの球筋は軽いドロー、飛距離は250Yと、

そこそこ満足している一方、アイアンは少し吹けあがり気味かな

(ノーマルロフトの5Iで170Y強)とも感じます。


平均スコアは95前後なのですが、

このレベルでもDGのS200は視野に入るものでしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。」




【回答】


重い球とはバックスピン量の少ない弾道のことです。

バックスピン量が少なくなると風の影響を受けにくくなります。


そして重量が重くシャフト硬度が硬くなると

基本的にバックスピン量が減少します。


これが

「重いクラブを使用すると弾道が重くなる」

の理由です。


重いクラブを使用すると基本的に

ヘッドスピードが落ちて距離が落ち、

結果が安定するというのはその通りです。


しかし大抵の場合はそこからまた

元の飛距離が欲しくなりますので強振するようになり、

スイングが悪くなっていきます。


さらに体を壊す可能性が高くなります。


このような現象が良く見られました。




現状のクラブセッティングですが

ドライバーの長さが45インチで325グラムならば

NS950はやや軽くなります。


37.5インチのクラブ(5I)で425gが妥当です。


NS950だと37.75インチで405g程度ですから

重量コンビネーションを考えるとアイアンが25g程度軽いです。


ダイナミックゴールドS200にすれば

重量バランスは良くなります。


ただしヘッドスピード45m/sだと少し重めです。


これからヘッドスピードを上昇させるつもりならS200でも良いと思います。

45インチのドライバーでヘッドスピード48以上が妥当です。

それ以下でも打てないことは無いのですが

ボールが上がりにくいためにアッパー軌道になってしまう可能性があります。


これは良くないことです。


なので、ヘッドスピード48m/s以上は必要なのです。


ヘッドスピード48m/s以上なら、

アイアンのロフト通りにインパクトするだけで浮いてくれるからです。


ヘッドスピード45m/sで適正な高さが出るかどうかは微妙です。


出ているとしたらアッパー軌道になっている可能性が高いです。


さらにいきなり30g近く重量が重くなるので

飛距離がかなり落ちると思います。


ダイナミックゴールドS200にするにはいろいろと覚悟が必要です。


それを理解しているなら良いと思います。


打てるようになるということはヘッドスピードが

上がっているということになります。


ヘッドスピードを上げてワンランクレベルアップしたいならおススメします。


5Iのロフト角が27度で170ヤードということですが

ヘッドスピードを考えると妥当です。

良い打ち方をしていると思います。


是非、参考にして頂ければと思います。