ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2010年08月30日

クラブセッティングのご相談です。

 
【質問】
「倉木 真二 様

はじめまして。

リシャフトについての質問です。


過去の質問を全部読んでいませんが、

お答えいただければ幸いです。


歳のせいか今まで使用していたアイアン

(YAMAHA MX−331)が

重く感じる今日この頃ですが、

先日、安かったこともあり衝動的にアイアンセットを買ってしまいました。


品物はテーラーメイドXRフォージドで

5番〜PWです。


当然、カーボンのRE−AX65という軽量(65g)で

シャフトで「S」が装着されています。


今までのクラブのシャフトはダイナミックゴールドR400でした。


今回、今までのクラブのAWとSWはそのまま利用するのですが、

シャフトがR400で重く感じており、

そのせいなのか、ラウンドも後半になると

シャンクが出ることが多くなっています。


そこで、今回購入したクラブに合わせる意味も含めて、

AWとSWのシャフト交換を考えているのですが下記の条件があります。


1.軽量シャフトであること(軽くすればというものでは無いでしょうね)

2.安価であること(本来クラブはシャフトが命と考えていますが余裕が
ありませんので)


アドバイスのほど、よろしくお願いいたします。


勿論、安価となれば最近の軽量スチールになると思いますが、

他の番手との相性やウェッジをリシャフトする時の注意を、

さらには具体的なシャフトメーカを挙げてご指南いただければ幸いです。


よろしくお願いいたします。 」





【回答】
5I〜PWまでがカーボン、

AW、SWをスチールにするということになると、

カーボンとスチールの重量コンビネーションを考える必要があります。


どういうことかというと、

カーボンの90gとスチールの90gは

体感の重量が違うということです。


具体的には、

60g〜70gのカーボンは

90gのスチールと同じくらい重く感じる、

ということです。

(もちろん硬度も関係してきます。)


5I〜PWのカーボンシャフトの重量が65gとのことですから

スチールシャフトだと90g程度のものが

マッチングが良い、

ということになります。


また、アプローチショットを重視するなら

フルショットがメインの5I〜PWよりも

AW、SWを少し重くするのも良いです。


ハーフスイングはクラブが重い方が

スイングのテンポを取りやすいからです。


つまり、

5I〜PWが65gのカーボンなら

AW、SWを75g〜85g程度の

カーボンにしても問題は無いという話です。


ただ、今回はスチールシャフトということなので

(個人的にはスチールの方がいろいろ安定して良いと思いますが)

100g程度のスチールシャフトがおススメです。


その中でもっともおススメなのは

「ダイナミックゴールドライトR300」

です。


これなら、

いままで使用していたダイナミックゴールドR400に

近いフィーリングでありながら

より柔らかく軽量になっていて、

かつ、5I〜PWとの重量コンビネーションも良好です。


元調子のためシャフトがあまり暴れることなく、

安定したしなりを得ることが出来ます。

是非、参考にして頂ければと思います。



 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法