ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2010年04月21日

アイアンの引っかけを改善する方法


【質問】 
「はじめまして。

アイアンについて質問です。


最近ニューブリードツアーフォージドを中古で購入したのですが、

どうも引っ掛け(真っ直ぐ出て左へ30y位い曲がる)が多く困っています。


その為怖くてフェードが打てません。


アイアンはDG-LITE S300にリシャフトされてあり、

長さは5Iで38インチです。


ロフト、ライ角はメーカーオリジナルのままです。


それまでは、初代X-BLADE・MBでシャフトはこれ又リシャフトで

プレシジョン、RIFLE・FCM6.5でした。


長さは5Iで38インチあわせで、ロフト、ライ角はメーカーオリジナル

に調整されてありました。


X-BLADEの時は真っ直ぐ出てほぼストレートで飛距離も操作性も

こちらの方が格段に良かった(5Iで180y、3Iで210y打ってました)です。


インテンショナルも思った通りに繋ってました。


恐らく、ニューブリードのグースネックが合わないのと

シャフト重量・スペックが合わないのだと思いますが・・・・


尚、近々知り合いからTiteleist DCI990B

(NS950GH、Sフレックスにリシャフト、5Iで37.75合わせ)

を譲って貰う事になってますが、オフセットが少ない分

こちらの方が合ってますでしょうか?


恐らく飛距離は結構落ちると思いますが、狙った所に打てるのなら

と思っています。ただライ角が62°(5I)がちょっと心配ですが

ただアイアンが、ドライバーより15〜20グラム軽くなってしまいます。


私も最近の<<バカ>>ストロング・ロフトのアイアンが嫌いです、

楽な打ち方になって、アイアン本来の打ち方忘れそうです。

今でも、5Iで27°以下のアイアン以外使っていません。


他のクラブは


1W:Titeleist 985E 9.5° シャフト/タイトスピーダ・S(333g)

3W:Titeleist 908F 15° シャフト/タイトスピーダ・S(385g)

5W:Titeleist 908F 19° シャフト/タイトスピーダ・S(385g)

Wedge:AW、SWともZR-600 NS950GH・S


ヘッドスピードはドライバーで40〜43m/s

ドライバー飛距離はキャリー230〜240y、ラン込みで260〜270

弾道は中弾道でストレートからややドロー

(コンピューター計測、試打5回の平均での結果です)


どちらかと言えば女子プロの様にインパクトで思いっきり体重を乗せて

振り切って行くタイプのスイングです。


フェースローテーションはあまり意識してしません。


長くなりましたがご教示頂けましたら幸いです。


よろしくお願い致します。 」




【回答】

グースネックになると重心深度が深くなって

フェースが返りやすくなったり、

あとは心理的にもつかまりそうなイメージを生んでくれます。


Xブレードとニューブリードフォージドでは

グースの付き方、ヘッドの返り方はやはり変わってきて、

ニューブリードの方が比較的つかまりやすいです。


また、シャフトもつかまり過ぎの原因と考えられます。



DGライトS300は中〜元調子とは言え、

ライフル6.5と比較するとかなり柔らかいシャフトです。


そのしなり戻りでヘッドが返ってしまい、

引っかかっていることも考えられます。


DCI990Bはストレートネックなので

引っかけは減少すると思います。


しかし、シャフトのNS950はかなり硬度が柔らか過ぎる上に

ご承知の通り重量がドライバーと比較して軽すぎます。



なので、シャフトは交換することをおススメします。


おススメのシャフトは110g台〜120g台です。


振ってみてキツさを感じないようであれば

ダイナミックゴールドS200辺りがおススメです。


ちょっと重くてしんどい、

ということであればダイナライトゴールドもおススメです。


先調子表記なのでつかまりがよさそうに感じますが

実際にそれほど引っかかりません。


理想を言えば、

ヘッドのライ角も5I60度合わせ程度に出来れば良かったですね。

(990はステンレスなので基本的には出来ませんが・・・)


是非、参考にして頂ければと思います。




 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法