ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2009年12月28日

プッシュアウトのお悩みです。

【質問】
「私は46歳、HC14、ヘッドスピードは約46m/sです。

ボールの弾道が、、

自分としてはまっすぐの弾道を狙って打っているつもりですが、

まっすぐ飛んで右に若干曲がるというものです。


インパクトで若干ヘッドが開いて当たっていると思いますが、

それを直そうとすると左へ飛んでいってしまいます。


又、スイングの開始時に、

まず手、上半身と動くべきか同時にかと迷っており、

トップの位置が後方からみて右肩の前がいいのか後方がいいのか、

わからなくなってしまっています。


練習では、他の人にみてもらう人がいなく

自分で何とか確認している状況で、

何かいい方法は無いものでしょうか?」

 
 
 
 
【回答】 
ボールが右に出ているのが

フェースが開いている事が原因だとすれば

フェースを返すことでスライスは防止できます。


フェースを返そうとして左へ引っ掛かってしまうと言う事ですが

恐らくフェースが返っているのではなくて

スイング軌道がアウトサイドイン軌道になってしまっているのだと思います。


これは多くの方に見られる症状なのですが

フェースを返す動作を行おうとすると

スイング軌道がアウトサイドインになってしまうんですね。


フェースを返す動作は右手を使う事に有ります。


しかし、この右手の使い方を間違えると

アウトサイドイン軌道になってしまうのです。


具体的には、切り返しの際に右手を使ってしまうと

アウトサイドイン軌道になってしまいます。


逆に、インパクト付近で右手を使うイメージなら

フェースを返すことができます。


まずは、右手を使うタイミングを考えてみて下さい。


それとトップの位置ですが、

右肩よりも手が前方に出るのは

アウトサイドに上がり過ぎです。


最適なトップの位置を確認する方法は


トップの状態で右手だけを話した時、

シャフトが右肩の上に落ちれば正しいトップです。


右肩よりも前方に落ちればアウトサイド過ぎ、

右肩よりも後方に落ちればインサイド過ぎ、

と言う事になります。


更にトップからの切り返しは

上半身始動ではなくて

下半身始動を意識して下さい。


上半身始動、つまりは手打ちでは

アウトサイドイン軌道を助長させてしまいますし、

飛距離はかなりロスします。


下半身始動は、スイングの基本動作で有り鉄則なのです。



 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法