倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2009年11月11日

体重移動に関するご相談です。

 
【質問】
「こんばんは倉本様


私はゴルフを始めて7年程ですが

ドライバーの球筋が安定せず

スコアーは100を前後しています。


年齢は53歳になります。


連習場では10球中5球は狙った所に行きますが

コースでは右に打ち出し・左に引っかけとOBが多く出ます。


飛距離はきちんと当れば280ヤード位で

当りが悪いときは230〜250ヤード位です。


タイミングが取り難く安定しないと思っていますが

切り替えし・体重移動がスムーズに出来る

練習方法はどのようなものが良いですか


アドバイスをお願いします。」

 
 
 
 
【回答】
スイングにおいて

体重移動と腕の振りのタイミング、バランスは非常に大事です。


例えば体重移動が大きく、

腕の振りが遅れれば

スイング軌道はインサイドアウト軌道になり過ぎて

プッシュアウト、フックが出ます。


逆に、腕の振りが早く体重移動が無ければ

アウトサイドイン軌道でスライス、引っかけが出ます。


もし、現状手打ちになっていて、

下半身始動のスイングが出来ないと言う事であれば

一本足打法などを練習して

左足の踏み込み、下半身始動の感覚を

体で覚える事が効果的です。


逆に、体の回転が強く

腕が振り遅れてしまうのであれば

手首を柔らかくし、

インパクト時に右足体重、

つまり手打ちのイメージを持つことで

振り遅れを防止できます。


体重移動のタイミングと腕の振り、

このバランスが完璧に近くなればなるほど

スイング軌道はストレートに近くなり、

弾道もストレートに近くなり、

スイングプレーンが正しい状態になります。


まずは現状腰が早いのか、

腕の振りが早いのか、

分析する事から始めてみて下さい。


アウトサイドイン軌道は腕の振りおろしが早く

手打ちになっている事が多く、

腰が回転し過ぎてクラブが寝てしまう状態は

インサイドアウト軌道で振り遅れている事が多いです。


 
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。