ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2009年01月29日

ボールを押すと言う感覚についてのご相談です


【質問】
 
「始めまして。

ブログ更新をいつも楽しみにしています。


さて質問ですが、

昔から飛距離アップの方法としてよく耳にする

「ボールを押す」感覚についてです。


この「押す」とか「押し続ける」という具体的なイメージが沸きません。


具体的と申しましたのは、たとえば

押す方向(飛球線か、少し潰す感じか)

グリップの何処に、どの方向にプレッシャーを感じればよいのか

どこで押すイメージか(フェイス、手元…)

などです。


また、「押す」感覚とは最近よく聞くサムダウン・リリースとも

関係するものでしょうか。


よろしくご指導ください。」

 
 
 
 
【回答】
ボールを押す感覚を確認するには

ヘッドカバーを被せたドライバーを持ち、

柱などにクラブヘッドを押しつけて

インパクトの形を作ってみると良いです。


インパクトのイメージで

柱をクラブヘッドで押すのです。


その時、右手の中指の付け根、

右腰辺りで押す感覚が出てくると思います。


で、

実際にボールを打つ際のインパクトで

押す方向は飛球線方向ですが、

目標よりも右方向にボールを打ち出す時は

特に押す感覚がつかめます。


この時は、右手の中指の付け根と

右腰で押す感覚が有ります。


この

「押す」

と言う表現の意味を考えると、押すスイングの仕方が分かります。


押す、とはどういう状態かと言うと、

完全に腕が伸びきっていない状態でインパクトを迎える事です。


完全に伸びきっていないと言う事は、

インパクト直前からインパクト後にかけて

腕を伸ばしていくと言う事になります。


腕を伸ばしていくと言う事は、

「押す」

と言う動きになるんですね。


では、どうすれば押すインパクトが出来るかと言うと

テークバックで曲げた肘の解放を遅らせる事で

インパクト直前まで肘が曲がった状態になり、

そして肘を伸ばしながらインパクトを迎えます。


この動作が「タメ」と言われるものです。


肘を曲げたままインパクトまでタメてくるので

タメと言われるのです。


ただ、このタメは意識し過ぎると

ヘッドが振り遅れとなり、プッシュアウトしてしまうので注意が必要です。

(これは「押し過ぎる状態」つまり、押し出しです)


で、タメを作る為にはトップからの切り返しで

下半身から始動する必要が有ります。


下半身から始動しないと、

タメを作ることが出来ないからです。


そして「押す」インパクトのメリットは

クラブヘッドのエネルギーがボールに効率良く伝わる事です。


例えば、

ヘッドスピード40m/sのゴルファーが2人いたとしましょう。


両者のヘッドスピードは同じでも、

この「押す」インパクトが出来ているかどうかで


「ボール初速」


が大きく変わってくるのです。


ボール初速と言うのは、打った瞬間のボールの飛び出るスピードです。


同じヘッドスピードでも、

押すインパクトが出来ているかどうかで

飛距離がまったく違ってくる、

と言う事です。


押すイメージは「捌く」イメージとは多少違います。


アイアンは捌くことでバックスピン量が多くなり、

グリーンを狙えるキレのある弾道が打てますが

ドライバーなどは押すイメージが有った方が飛距離面では有利です。


捌くイメージは、コックを解くタイミングを早くして

シャープに打ち捌きます。


押す感覚は、右肘の解放を遅らせて

右手中指の付け根、右肘、右腰で押すイメージです。


文章でどれほど伝わったかは微妙ですが、

是非、参考にして頂ければと思います。



 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法