倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2008年12月24日

腰の回転に関するご相談です。

【質問】
「ゴルフに関する件でインターネットなど沢山視ましたが

倉木様のプログが一番的確でよく理解できます、


私は身長171Cm、51Kgの筋力も体力も無い65歳の男性です。


HS40くらい(自分では80%程度と思っています)で43インチドライバーです。


バックスイングも稼動いきの80%で振っているつもりです、

理由は真で捕らえる確立が一番良いように思うからです。


ドライバーの飛距離は200〜230Yくらいと思います、

スコアーは平均すると90くらいでしょう、グリーン周りが上手くなると

もっとスコアーは良くなるように思います。


倉木先生の飛距離UPの理論も良くわかります、

そこで質問ですが、トップからの切り返しは下半身からというのも
 
理解できます、この下半身を意識しすぎるとどうしてもヘッドが遅れるようで

スライス系の玉になります、これを意識すると今度はフックが止まりません、


極端に言うと腰がスエーして逆Cになったり、腰だけが回りすぎている

ようにも思えます、体力が無いからかもわかりません。


切り返しは下半身からしているつもりですが、下半身と上半身の

バランスはどうすれば上手に振れるのでしょうか。


今は、腰の回転は意識せず、ヘソの回転、お腹の回転

を意識しながらダウンスイングをしています。


どうすればバランスよく振れるかご教示いただきたくお願いします。」
 
 

 
 
【回答】
上半身と下半身の回転のバランスを合わせる良い方法は

究極的には反復練習でつかむしかない、

と言う事になります。


腰の回転が早ければプッシュアウトやフック、

手が早ければ引っ掛けやスライス、

と言う状態になります。


ただ、腰が先に回転しやすいか、

手から降ろす傾向にあるか、

どちらかの傾向は現れます。


もし、逆Cになると言う事は

腰を切り始めるタイミングが早い為です。


つまり、足を使い過ぎて腰の回転が早くなっていると考えられるので

腹筋に力を入れて、スイングをすると良いです。


入れ過ぎは良く有りませんが、

腹筋に力を入れることで


「I字インパクト」


を作り易くなります。


I字インパクトになれば、

下半身が先行してプッシュアウトが出る、

と言う問題を解消できます。


つまり、


「この1点さえ押さえれば腰と腕のタイミングは一致する」


と言うポイントは無いのです。


肝心なことは、


「現状の自分のスイングは、腰が早いのか、腕が早いのか」


と言う事を把握する事です。


そして、

どうすれば腰の回転が使えるようになるのか、

押さえられるようになるのか、

腕の振りを早く出来るのか、

振り遅れを防げるのか、

その仕組みを知る事です。


足を使えば腰は早く回転し、

切り返しで腕から降ろせば手が早くなります。


全ての説明は長くなるので出来ませんが、

そう言った仕組みを理解し、

調整を続けていくことが大事です。


そして、反復練習を繰り返し、

ベストなタイミングの出る確率を上昇させていく事です。


下半身と上半身のタイミングを合わせる、

と言う事を一概に説明できない理由はそう言う事なのです。


なので、自分自身のスイングの状態を把握して

それに応じて調整する必要がある、

と言う事を知っているだけでも大きなアドバンテージです。


是非、参考にして頂ければと思います。