倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2008年11月25日

スイングのタメについてのご相談です


【質問】
 「タメについて先生のアドバイスどおり実行しました。


アイアン、ドライバーの球筋が強い弾道に変わり驚いております。


しかし球筋がドローとかフックに変わり

少しテークバックでアウトサイドにすると

少し右からのドローになります、

右肘を身体に引き付けるとインサイドからの出だしとなるのでしょうか、

初めはこのような球筋でもしょうがないのでしょうか、

是非アドバイスを」
 




【回答】
何でもやり過ぎは良くないのですが、

右肘を絞り過ぎると右肩が下がり、

クラブが寝て、インサイドアウト軌道になり過ぎてしまいます。


なので、フックが出るのは

右肘を絞り過ぎているのだと思われます。


そうしたら、今度は逆にあまり右肘を絞らないイメージでスイングをされてみて下さい。


そうする事で、

フックの出る確率は減少します。


他に注意していただきたい点は、

クラブを立てて降ろすイメージです。


クラブを立てて降ろせば、

右肘を絞り過ぎることもないですし

インサイドアウト軌道になり過ぎることもないので

フックの出る確率が減少します。


右肘を全く絞らずにトップからいきなりリリースを開始してしまうと

アウトサイドイン軌道になり、

絞り過ぎるとインサイドアウト軌道になる。


丁度良いタイミングが最も良いボールが出て、

それがオンプレーンと言う事になります。


スイングはこのタイミングで弾道が変化します。


やり過ぎは良くないので、

時折右肘を全く絞らないような

手打ちのスイングを敢えて行い、

スイングが偏らないようにバランスを取ってみて下さい。