ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2008年11月30日

自然なスイングとは?


【質問】
「メールマガジンをいつもワクワク拝見させて頂いております。


倉木さんの理論は画期的でありますが、

自分のゴルフが目に見えて進歩しているのを考えると、

画期的というより『真実』、『答え』 という方が

適切であるような気がして仕方ありません。


今日は私が昔から気になっている質問をしたいと思います。


ベンホーガンは軽いドローになるのが

自然なスイングと言っていますが、

これは曲がりの少ないプッシュフックのことなのでしょうか?


そしてそのような弾道を得る為のポイントや

注意事項等を教えて下さい。


今この文書を打っている時にもう1つ気になることを思いだし、

どうしても気になるので質問します。


ずばりインテンショナルフックの打ち方なのですが、

中でもタイガーが打つ様なスタンスに対して

極端な右打ち出しのものです。


前述したプッシュフックとも関係があるような気がするのですが、

私にはストレートな打ち出しのフックしか打てません。


極端な右打ち出しのフックを教えてください。


長くなりましたが質問終わりです。


倉木さん、よろしくお願いします。」

 
 
 
 
【回答】
軽いドローになるのが自然なスイングですが、

これは曲がり幅の少ない右打ちだしのドローの事ですね。


このような弾道を打つには、

必要最低限な体重移動がポイントです。


体重移動はし過ぎると切り返しでクラブが寝るので

右打ち出しが強くなります。


逆に、体重移動が全く出来ないと

左打ちだしの引っかけ、若しくはスライスになります。


強めの右打ち出しのインテンショナルフックと関連した話になるのですが、

乱暴な言い方をすると

腰をどれだけ飛球線方向にスライドさせるかで

打ちだし方向が変わる、と言う事なのです。


強めの右打ち出しのフックを打ちたい時は

多めに腰をスライドさせて、

曲がり幅の少ないストレート系のドローを打ちたい時は

必要最低限度のスライド(体重移動)を行う、と言う事になります。


逆に、スライドが少なければフェード、

極端になければスライス、と言う事ですね。


スライドが大きくなれば

切り返しでクラブが寝る為にインサイドアウト軌道が強くなり、

スライドしなければクラブが立って降りてくるので

アウトサイドイン軌道が強くなる、

と言う事なのです。


なので、このスライドの量で、打ちだし方向をコントロールする事が出来ます。

当然、スライドが大きくなれば体重移動も多くなります。


ただし、同時にフェースコントロールの調整も必要になります。


スライド量を多くし、

右打ち出しを強くすれば

フェースローテーションの量は多めにしなければプッシュアウトしてしまいます。


逆に、フェードを打ちたい時はスライド量を抑えて、

フェースローテーションも抑え気味にしなければ引っ掛かってしまいます。


このように、スライド量とフェースローテーションの度合いは

互いに調和を取る必要がある、と言う事です。


一見すると難しそうに見えますが、

スライドが大きくなればフェースローテーションするように

体が反応します。


逆に、スライドが少なければフェースローテーションしにくくなります。


深い話ですが、人間の体がそうなっているのです。


アウトサイドイン軌道ではフェースローテーションしくくなり、

インサイドアウト軌道ではフェースローテーションし易くなる、

と言う事です。


このように、腰のスライド量によって打ちだし方向は調整出来ます。


そして、その丁度良い所の再現性を高めるために

練習場で反復練習が必要になるんですね。


一度、練習場などで試してみて下さい。
 

 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法