倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2008年10月22日

野球とゴルフスイングの違いについてのご相談です


【質問】
「ドライバーショットでは、

スライスが多く、時々、真芯に当たったストレートの弾道があっても、

距離が出ません(230ヤード程度)・・・。


野球を長くやっていることもあり、

バックスイングでは右に腰を移動させ、

右足に体重が乗り、ダウンスイングと同時に左に腰を移動させ、

左足に体重を移しながら腰が回転するという野球スイングです。


フォローでは、左足に完全に体重が乗ってしまいます・・・。


ゴルフでは右から左へスウェーしながら、

腰が回転するということだと思います・・・。


このため、腰が先に開くので、フェースが開き、

アウトサイドインになって、

スライスするということはわかっているのですが、

この野球のスイングのクセが全く直りません・・・。


何かいい矯正方法はありませんでしょうか?


右から左へスウェーしないで、腰だけ回転させて打つと、

全く力が入らず、飛距離が出なくなります・・・。


また、前回のメールでタメを作るというアドバイスがありましたが、

タメを作るとスライスがひどくなります・・・。


次に、真芯に当たったストレートの弾道があっても、

距離が出ない(230ヤード程度)というのは何が原因なのでしょうか・・・。


練習場では、年配の方や私より身体が小さい人が

軽々250ヤードのネットに当てているのに、

私は全然届かない・・・。


今も野球をやっていますが、身長178cm、体重78kgで

身体は大きい方の私は、

今でも野球ではクリーンナップを打つ長距離ヒッターです。


野球では遠くまで飛ぶのに、

ゴルフでは、年配の方や私より身体が小さい人でも

軽々250ヤードを飛ばす人がいるので、悔しい気分です。


野球で飛ばせて、ゴルフで飛ばない原因は何なのでしょうか・・・・


以上、よろしくお願いします。 」
 

 
 
 
【回答】 
野球をやられている方は筋力のある方が非常に多いです。


ただ、肩が開いてしまう方が非常に多いのです。


これは野球の打ち方とゴルフの打ち方が違うので仕方ないのですが、

野球の場合、基本的に左足を踏み込み、腰から回転し、

肩を開いて体の左側の方でインパクトします。


ですが、ゴルフの場合は体の内側にあります。


なので、野球をやられている方がゴルフをやると

肩を開き、クラブヘッドを手元よりも先行させてインパクトしようとする意識が

非常に強くあるのです。


簡単に言うと手打ちになっている方が大半なのですが、

野球をやられている方は本当に多いのです。


ドライバーのヘッドスピードが50m/sあるにもかかわらず

230ヤードしか飛ばないと言う事もしょっちゅうです。


それ程、手打ちは飛ばないんですね。


改善するには


「ボールを捕まえる、拾って打つ」


と言う感覚が重要になります。


細かい説明はしませんが、

7番アイアンなどでボールを両足のかかとの真ん中に置いて、

低いボールを打つ練習を行ってみて下さい。


出来るだけ、低いボールを打つのです。


そうする事で、

野球とゴルフスイングの違いが把握できるようになります。


体重移動しながらも、ボールが捕まる感覚を身につけることができますし、

腰が回転しても肩が開かないインパクトも体感する事が出来ます。

是非、参考にして頂ければと思います。