倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2008年09月18日

アドレスのご相談です。


【質問】
「倉本さんいつも上達メール心待ちに楽しんでます。


ただいま私フォーム改造をめざしているのですが、

もともと身長186、体重90`ありまして、

親友にねこぜやでなといわれ、

ビデオカメラで撮影して確認すると、

なんとえらいねこぜにきがつき、

昨日からフォーム改造に取り組みだしたんですが、

背筋を伸ばし腰からおじぎする体勢がいいと聞き

ひたすら頑張っているんですが、

なぜか首のつけねの背骨から下に30センチほどのところから

くのじに曲がり改造前の背筋とあまりかわらないのと同時に

本日もビデオ撮影してスローで見てみると

テイクバックの時に

ハーフぐらいまでは頭の移動もなくいい感じなのに

肩から上ぐらいにグリップがいくとどうじに

頭もカメラの枠からはじれてしまい、

ダウンスイングでハーフぐらいになったらまたきえた枠から

戻ってくるんですが、

やはりプロやアマでも上手い方をみていると

ほんとに頭のずれがなくきれいなフォームをしているのがうらやましく、

どのようにすればキッチリ頭を残しインパクトをむかえれるのかと、

背筋を一直線にするには何を心がけたら良いのかと、

もひとつアドレスに入った時に

グリップエンドと左腿の間に握り拳ふたつ入るぐらいなどとよく聞くのですが、

私の場合ダウンのタメを意識しすぎるせいか、

拳半分ぐらいで構えてスイングすると結構ミート率がいいんですが、

やはり近すぎはだめなんでしょうか?


質問多く申し訳ないんですがどうか解決できるアドバイスを

よろしくお願いいたします 」
 

 
 
 
【回答】
アドレスで手と体の距離が近過ぎると

テークバックで体を起き上がらせて調整しないと

上手く当てることが出来なくなります。


なので、無理にアドレス時の前傾姿勢を保とうとしても

難しくなります。


まずはアドレス時の手元の位置を

体から離してみてください。


そうする事で、テークバックで体が起き上がる現象は起きにくくなります。


で、

猫背になっているとの事ですが、

そもそもそれでどんな問題が発生するのかを

正確に把握する必要があります。


見た目が何となくカッコ悪いからとか、

そういった理由で直そうとしても

ほとんど意味はありません。


なので、まずはその猫背になることで

どんな問題が生じるのか、

見た目だけの話ではなくて、

具体的にどんな問題が発生してしまうのかを

正確に把握してみて下さい。

是非、参考にして頂ければと思います。
 

 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。