倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2008年07月24日

グリップ交換のご相談です。

【質問】
「アイアンで、ツアーラップフルコードグリップ

〔M60、Bライン有〕しか使った事がありませんでしたが、

今回はじめてツアーベルベットラバー

〔M62、Bライン無〕に交換してみました。


結果、シャフトが多少しなる感じになり、

5,6アイアン等でで安定して芯で打てなくなりました。

グリップの軟らかさのせいなのでしょうか?


Bライン有、無の違いなのでしょうか?

慣れの問題でしょうか?


よろしくお願いします。」
 

 
 
【回答】 
M60からM62Rに交換して打点が安定しなくなってしまったとの事ですが、

太さの変化やバックラインの有無で弾道が変わることは有ります。


以前のグリップに慣れていたならば尚更です。


グリップの太さ、バックラインの有無に加えて

M62では重量が約5g近く軽くなります。


これにより、

スイングバランスも1ポイント変化するので

敏感な方ならそれだけで打点が不安定になってしまいます。


シャフトが軟らかく感じるようになったとの事ですが、

恐らくはスイングバランスが重くなって、

ヘッドを重く感じるようになったので

そう感じるのかもしれません。


いずれにしても、良い結果が得られないのであれば

元のグリップに戻すべきです。


どう言った事情でグリップを交換したのか分かりませんが、

グリップ重量が変化することに対しては

十分注意しておかなければなりません。


そう言った事も考慮して、

今後はグリップの交換をされてみてくださいね。


基本的にバックラインが有ると捕まりが良くなり、

無くなると捕まりが悪くなります。


そして、細くなると捕まり、

太くなると捕まらなくなります。


是非、参考にしていただければと思います。

 

 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。