倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2008年03月10日

素振りのご相談です。

【質問】
「いつも楽しく拝見させて頂いております。

ちょっとトッピな質問でしたらご容赦ください。


毎日ボールを打てない中、スイング練習を兼ねて庭先で素振りをしています。


実際のボールはほぼストレート系か若干軽いドローです。


もちろんアベレージプレーヤーですのでスライスが出たりするのも当然です。


庭先での素振りの時に(6番アイアンが主です)、ターフ痕を見ますと

ソールから若干外に抜けている土の痕が残ります。

(ドライバーで無理やり説明しますとソールからトゥ側という感じです)


ターフ方向はほぼ真っ直ぐに抜けています。


実際のボールの結果を優先すれば良いのでしょうが、

アウトサイドインに抜けているのかと気になっています。


スイング的にはアウトサイドインではございません。


手打ちかボディーターンかと言えばボディターンのタイプです。


インパクトから先で左ヒジが引ける事もありませんし、

フィニッシュはほぼ左足一本で収まっています。


勝手にインパクトの先からフェースはまっすぐ方向ですが、

体が回転してシャフトは左に行くからこの痕跡が残るのか??


と、こじつけて考えた事もございます。


ところがハーフスイング(9時から3時)で行いますと、

この痕跡は殆どストレートとなっていますので、

やはりどこかが間違っているのかと思う所存です。


自分で出来ているつもりでも、

出来ていケースも多々あるのかとも思っております。


こん様なケースの痕跡がどうあるべきか、

また、何が間違っているのかを文面の中で汲み取って頂き、

ご指導いただければ幸いです。


宜しくお願い申し上げます。」
 

 
 
 
【回答】
これは非常に良い所に気が付いていると思います。


今回のご質問は素振りの実態を表したものです。


ターフは真っ直ぐにとれているのに

ソールのすり後がアウトサイドイン軌道のような状態になっている、

と言う事なのですが、

ターフが真っ直ぐ抜けていればアウトサイドイン軌道にはなっていません。


では何故ソールのすり後が斜めになってしまうかと言うと、

答えは単純で


「フェースが開いているから」


です。


素振りの時はまずフェースが開きます。


何気なく素振りをすると、

その殆どはフェースが開いています。


これは私がアマチュアからプロまで

沢山のデータを取り、実際に見てきましたので断言できます。


「素振りのスイングは気持ち良く振れて良いのに、実際にボールがあると駄目だ」


多くの方はこう思っているのですが、

それはある意味当然であって

素振りと同じスイングをしてしまうとスライスするので

体が無意識的にボールをつかまえようとする為に

素振りと同じにはならないんですね。


フェースを返していない分、素振りは抜群に振り抜きが良く感じます。


しかし、それはフェースが開いているからであって、

実際にボールを打つ際には多少なりともフェースを返す動作が必要になる為に

素振り同様のスムーズ感を求めるのは無理な話なのです。


こう言った事実を考慮すると


「素振りと同じようにスイングしろ」


と言うアドバイスをする人間が

いかにスイングを分かっていないかが露呈されます。


では素振りをするとフェースが開く癖が付くから良くないのか、

と言うとそうでは有りません。


素振りは、やらないよりはやった方が良いです。


自信を失っている時は

下手にボールを打って悪癖を固めるよりは

素振りをした方がイメージは良くなりますし、


「クラブを振る」


と言う動作自体を毎日行うのは良い事です。

勘が衰えにくくなります。


なので、素振りはスイングのイメージ作りなどがメインなので、

フェースの向きだとか、あまり細かい事を考えなくても良いです。


気持ち良く、スイングしていればOKです。


ただ、下半身主導のスイングが出来ていない手打ちの方の場合は

素振りの時は下半身リードが比較的出来ている、

と言う事があります。


これはフェースを返す意識が無い為に

手で打とうと言う意識が減少するからなのですが、

実際にボールを前にすると

フェースを返し、ボールをつかまえようとして

手打ちになってしまいます。


手打ちの方の場合、

フェースを返す、と言う動作を行おうとすると

手から切り返してしまい、手打ちになってしまうんですね。


なので、そう言った場合は素振り時の下半身の使い方は

参考になる部分がかなりあるのですが、

ご相談の内容を見ますと

基本的に下半身主導のスイングが出来ているようですので、

素振りの動作から学ぶべき点は

手打ちの方ほど多くはないと思われます。


素振りはフェースが開くものなので擦り後が斜めに付いている、

と言うのはまず間違いありませんので、

あまり心配しなくても良いですよ。


そう言うものだと割り切って、

取り組んでみてください。