ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2008年03月31日

クラブ選びのご相談です。


【質問】
「メール講座楽しく拝見しております


さて、現在ラウンドでは3wでティーイングショットをしている状況です

タイトリーストの906F2に入っている4375というシャフトが

今の自分にピッタリのシャフトで

250yほど飛ぶのでレギュラーティーではドライバーが要らないといった具合です


それまで使用していたドライバーのシャフトはアイアンを製作してくださったクラフトマンの勧めで

グラファイトデザイン45インチの手元調子で70gのものでした

飛距離は240yから250yで3wよりも左右に散らばる弾道です


そこで、3wと同じタイミングでスウィングできるドライバーが欲しくなり探しているのですが

インストラクターやクラフトマンによって言うことが違うので迷っています


疑問1


まず、ミズノのスウィングアナライザーでは7〜8という結果でした


スタッフにはバットスティッフが合うと言われました

バットがスティッフだから先調子が合うのかと思っていたら

手元調子がよいというのです

バットスティッフはバット側が硬いのだから

先調子ではないのですか


疑問2

3wを購入した輸入専門店のクラフトマンからは

GDのW70やG6、G7

ディアマナのM63を勧められました

以前アイアンを製作してもらったこともあり

ラウンドも数回同伴競技していただいていて

3wを購入するときにもスウィングを見てもらっているので

正しい選択のような気がするのですが


疑問3

藤倉シャフトの本社にいったことがあります


そこではスピーダーは合わないと言われました

何も言わず渡されて試打して気持ちよく振れたのがPRO95でした

そこで言われたのが手元調子が合う


アイアンも貴方に会うのはX100でもなくS200でもない

S400だといわれました


シャフトのプロの意見なので確実かなと思いましたが

どうか、明快な回答


お勧めのドライバーを教えてください



ちなみに私のデータをお伝えいたします

ゴルフ暦10年 

170cm 68kg 腕が長めです

スウィングタイプはハードヒッターといわれることが多いのですが

自分では教えてもらっているプロのイメージで

スウィンガーかと思っています

HS47m/s


テイクバックでアウトに上げダウンでインからおろすループぎみのインサイドアウトのプレーンがいやで

インに引いてアウトからおろしてフェードを打つ練習をしばらくしていたら

自分のスウィングがよくわからなくなってしまいました


フォーアームローテーションを使うタイプですが

現場ではフェイスをあまり返していません


持ち球はドローですが上記の練習のせいで

スライスもでる最近です


クラブセッティングは


3w・5w:タイトリースト906F2(4375)

4i〜Sw:オリジナル(DGX100)

Sw:zodia(DGS200)

パター:ケンムーリーL型


です

長くなりましたが

ご指導よろしくお願いします」
 

 
 
 
 

【回答】クラフトマンの方がおっしゃったG6、G7とは

ブルーGの事でしょうか。


いずれにしても、そのクラフトマンの方の意見が

一番適格と言えます。


まずフレックスアナライザーでバットスティッフが合う、

と言われたと言う事ですが、

バットスティッフは字の如く手元が硬いシャフトなので

基本的に先調子系です。


基本的にインサイドアウト系のスイングをされているようなので、

やはり手元が若干硬めの、シャープなシャフトがマッチします。


そう考えると、

重心距離が短いヘッドならばブルーG6.5も使用できますね。


ただ、現状はインサイドアウト軌道が嫌で修正を試みているとのことなので、

ニュートラルな性格のシャフトが良いと思います。


ブルーGは、トルクも少なく、振動数が多めな割には

切り返しではしっかりとしていて、かなりシャープなシャフトです。


インサイドアウトが強めで、インパクト前に一気にリリースをする、

と言う、余裕の無いシャープなスイングをされるのであれば

非常に良い選択だとは思いますが、

まだスイングをどうしていくのか、

はっきりと決めていないのであれば

ある程度の幅を出しておいた方が良いです。


そうすると、W70辺りは懐が広いので良いですね。


比較的、万人向けというか、扱いやすいシャフトです。


FWとの相性、重量コンビネーションも悪くは有りません。


フェードにスイッチしていくのならば

M63、73辺りはお勧めです。


ただ、

3Wが非常に良くて同じ感覚でスイングをしたい、

と言う上級者は意外と多いのですが、

実はこれは究極的には無理な話になってしまいます。


3Wと言うのは、ドライバーの半分以下の体積で

重心距離も30mm前後と、

ドライバーとは比べようもないほどの扱いやすさがあるのです。


なので、ドライバーで3w並みの扱いやすさを出そうとしても

そもそも無理なのです。


重量コンビネーションや、シャフト剛性など、

ある程度手を入れることで近付けることはできますが

振りやすさはもう決定的に違います。


なので、酷な話ですが

そもそも3wとドライバーと同じ感覚で振るのは無理だと

割り切りが大事です。


とはいえ、ある程度のチューニングで近付けることは可能です。


先程も書きましたが、

スイングが固まるまである程度幅を持たせるならW70、

ドローで行くならブルーGかディアマナS、

フェードにするならディアマナM、

と言うイメージで考えてみてください。


是非、参考にして頂ければと思います。

 
 
 
 
 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法