ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2007年09月27日

プッシュアウトのご相談です。

【質問】
「こんにちはスライスになやむレフティーです。


プッシュアウトがおおく まっすぐ打ちたいため左足前にボールをおくと

ストレートになります。


でもこのうち方だとせいぜい7番までで6番、5番では振り切れません。

極端なハンドファーストのかたちでインパクトしているようなんです。

右脇があまいのかなと思いながらもなかなかなおりません。


いい修正方法をアドバイスお願いします。」

 
 
 
 
【回答】
レフティの方で左足の前にボールを置いてしまうと

インパクトの形が極端なハンドファーストになりますので

意図的に低いボールを打ちたい時以外は

あまりおすすめしません。


プッシュアウトで悩んでいるとの事ですが、

プッシュアウトの原因の大半は

スイング軌道がインサイドアウト過ぎる事です。


スイング軌道がインサイドアウト過ぎる状態になれば、

当然ながらボールはプッシュアウトします。


プッシュアウトを嫌がってフェースを返すと、

低い弾道になってしまいます。


なので、根本的な原因である

インサイドアウト軌道をストレート軌道に近づける事が

最も良い改善策になります。


具体的には、

切り返しでのリリースのタイミングを早めるような意識を持ってみること、

スイングプレーンをやや縦振りにしてみると良いです。


現在のイメージは横殴りなスイングをイメージしているかもしれませんが、

ヘッドを上から下へ落とすだけ、と言うイメージを持つ事です。


そうする事で、

スイング軌道はストレート軌道に近づき、

プッシュアウトを改善できます。


また、切り返しの際に左肘を絞りすぎたり、

力が入りすぎるとヘッドが横から入りすぎてしまうので

プッシュアウトが出易くなりますから、

注意して下さい。
  
 
 
 
 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法