ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2007年07月27日

アイアンショットのお悩みです。

【質問】
「とにかく、アイアンがへたです。

まず、距離が出ません。

ドライバーはそこそこなのに(240はでます)アイアンはヒッカケ、

ダフリ、シャンク、チーピンの連発で

ショートホールは萎縮しています。


7番で130もいきません。9番で100。5番は全くあたりません。

レッスンプロにみてもらったら、まずテークバックで前に体が動く。

(左ではなく、ボール方向です)


手で叩きに行って、ためがほどける。起動が下から。

ローテーションを手の開閉(こねる)と勘違いしている。

自分より体力のないものや年寄りより番手が大きいクラブを使っています。

確かに、目標に正対したフォローがとれていません。

もっと左にクラブを振れと言われますが、シャンクがでます。


ウッドとアプローチはそこそこなのですが、

2打目とショートが恐怖で全くゴルフが楽しくなくなりました。

アイアンに関しては初心者以下です。


まず、ボールを正確にとらえるにはどんな練習をすればいいでしょうか。

ここ4年ハンディ16で止まっている、私です。」

 
 
 
 
【回答】
ドライバーでは問題ないのに

アイアンが上手く打てないと言う方に共通することは、

スイング軌道がインサイドアウト過ぎる事です。


インサイドアウト軌道というのは、

スイング中のクラブヘッドの最下点が

ボールよりも手前に来やすいので、

ダフリが出やすくなります。


ドライバーなど、ティーアップされているクラブであれば

アッパー軌道になっても問題は無いのですが、

地面にボールが置いてあるアイアンで

アッパーブローになってしまうのは問題です。


また、インサイドアウト過ぎる軌道はシャンクが出やすくなります。


ですので、

インサイドアウト軌道過ぎる状態を直していくのが

改善のポイントになりますね。


方法としては、

徐々にインサイドアウト軌道を直していく、

と言う方法ではなかなか改善しませんので、

真逆のアウトサイドイン軌道の練習を行なうと良いです。


7番アイアンくらいの番手で、

ボールを左足よりも更に左に置いたボールを打ちます。


このボールを打つには、

相当なアウトサイドイン軌道ではないと打てません。


また、相当左にあるボールを打つためには

当然ながらスイング中のクラブヘッドの最下点が

かなり左になります。


この練習を行なうことにより、

今までいかにインサイドアウト軌道で振っていたかが、

理解出来るようになります。


アイアンはダウンブローが基本です。


アッパーブローでは良いボールは打てませんし、

飛距離も出ませんし、ダフリ、シャンク、といった症状が現れます。

この練習方法で改善してみて下さい。


 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法