倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2007年06月13日

アイアンリシャフトのご相談です。

【質問】
「現在アイアンのリシャフトを検討しているのですが、

ダイナライトゴールドと、NS1050のどちらかにするか悩んでいます。


今使用しているのはDGs-400です。

10g程軽くしつつ、できるだけ今と同じ感覚で振れたら嬉しいのですが、

どちらのほうがオススメでしょうか?


現在の弾道の高さには満足しているので、ダイナライトの

先調子というのが気になっています。

(ダイナライトにすると高くなりすぎるでしょうか?)


また、当方のHSは47ですが、フレックスをsからxに変えることで

弾道およびトゥダウン量を抑えることはできるでしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。」
 

 
 
 
【回答】
ダイナミックゴールドのフィーリングのまま

10g程度軽量化したいとの事ですが、

ピッタリとくるのはなかなか無いです。


候補としてダイナライトとNS1050を挙げられていますが、

まずダイナライトは希望の重量となっていますが

仰るようにキックポイントが先調子なので、

ダイナミックゴールドよりは多少弾道が高くなります。


で、

NS1050は重量的にもダイナミックゴールドより

20g近く軽いですし、弾道も結構高めになりますね。


スイング時のフィーリングも、ダイナミックゴールドとは

結構変わってきます。


どちらかと言うと、NS1150ツアー等の方が

重量的には近いかもしれないですね。


弾道の高さやフィーリングが1番近いのは、

ダイナミックゴールドライトです。


ダイナミックゴールドよりも20g程度軽いのですが、

切り返しの粘り感や弾道の高さなど、

比較的ダイナミックゴールドに近いですね。


ただ、重量が希望のマイナス10gではなく、

マイナス20gになってしまいます。


で、
結局どれがいいのか、と言う話になるのですが

重量を希望に合わせたいのであれば、

個人的にはダイナライトがオススメです。


ダイナライトは、先調子とは書いて有りますが、

実際にはシャフト全体的にしなりがあるので

中調子に近いです。


それに、それほど弾道も高くは上がりません。

適度に粘りも有りますし、

(ダイナミックゴールドとまでは行きませんが)

硬度もかなり近いので、110g台であれば、

1番オススメです。


逆に、多少重量が軽くなっても

弾道の高さやフィーリングを出来る限り合わせたいのであれば

ダイナミックゴールドライトがオススメです。


硬度的にはダイナミックゴールドより1フレックス程度

柔らかくなるのですが、粘り感や弾道の高さなど、

非常にダイナミックゴールドに近い感覚です。


似たシャフトにダイナミックゴールドSLがありますが、

こちらは少し硬いので、粘り間があまり無く、

ダイナミックゴールドとは少しフィーリングが異なります。

(メーカーはダイナミックゴールドのフィーリングを再現し、

軽量化したと言っているのですが、数値だけの硬度は合っていますが

フィーリングは、とても近いとは思えないです…)

重量にこだわるか、

フィーリングにこだわるかで選択が変わります。

是非、参考にしていただければと思います。
 
 
 
 
 




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。