倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2007年06月15日

フックのお悩みです。

【質問】
「お世話になります。

私のメンバ-のコ−スに230ヤ−ドのテイショットを打ちたいホ-ルがあります。

ドライバ−は持てないのでバフィを使うのですが

どうしてもフックがでてしまい、悩んでいます。


自分の考えではスイング軌道はややストレ−トでフェイスの面が

フックになるためかと自分なりに解釈して修正すれば良いのかとは思うのですが、

なかなか思うようにいきません。


先日友人にはアドレスの段階に問題があるのではといわれましたが、どうなんでしょうか?

自分ではグリップの握りが強すぎるためかとも思うのですが?

ここ一番で力を抜く方法は(現在最大の自分の課題)あれば教えてください。」

 
 
 
 
【回答】 
フックでお悩みとの事ですが、

グリップに力が入ってしまうと

インパクト時にフェースが返ってしまい、

フックになる事が有ります。


ですので、

余計な力みを取るカンタンな方法をお話ししていきます。


まず1つが、

アドレス前に思い切り力んでしまうことです。


アドレスに入る前に、肩に思い切り力を入れ、

3秒くらい力むのです。


そうすると、その後は肩や上体などの力を

取ることが出来ます。


で、

実際にアドレスに入ってからは

やや腹筋に力を入れると良いです。


腹筋に力を加えることで、

グリッププレッシャーを弱める事が出来ます。


また、腹筋に力を入れることで

スイング時の軸も垂直に保つことが出来ますので、

一石二鳥ともいえます。


グリップが力んで良いことは有りません。

意識的に、力みを取るだけで芯を喰う確立は上がりますし

ヘッドも走ります。


特に、コースなどでは小難しいことを気にするよりも、

力みなどを気にしたほうがミスを防げます。


是非、参考にしていただければと思います。
 
 
 
 
 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。