ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2007年04月24日

アイアン重量についてのご相談です。

【質問】
「いつもブログを拝見しておりまして、自分にも合った質問・回答など

大変参考にさせていただいております。


ここ1年くらい前から、ゴルフをする機会が

10年ぶりくらいに増え始め、

そうなると久しぶりにゴルフ熱が出てきまして、

スイングの改造や道具の買い換えにも興味がでてきました。


半年ほど前から、訳もわからず優しいクラブを意識しながら

買いそろえてきましたが、

よく同伴する方の指摘もあって、重量バランスが悪いのではと

感じ始めています。


そこで教えていただきたいのが、自分に合うアイアンは

何かということです。


DR:
クリーブランド ランチャーCOMP 460 カーボンシャフト R 10.5°

UT:
クリーブランド ランチャー TYPE-J カーボンシャフト R22°

アイアン:
テーラーメイド rac r5 カーボンシャフト R (4I〜AW)

ウエッジ:
テーラーメイド rac サテンTP DG-S200 52°、56°

以上が私の所有クラブです。


ここ最近のラウンドでは、たまにOBは出るものの、

ドライバーが非常に好調で気持ちよく振り抜ける反面、

アイアンの精度がイマイチといった感じです。


特に左右の精度に不満が残るようになってきました。


身長165p、体重56kg、切り返しはわりとゆっくり目だと思います。

ドライバーの飛距離は、250〜270y、5Iで170y、

7Iで150yくらいです。


ヘッドスピードは測ったことがありません。

スコアは現在100前後ですが、80台キープを目指し邁進中です。


ドライバー重量を計ったところ、308g(カタログ値は315g)でしたので、


5Iはスチールシャフトで400〜410g、カーボンだと370〜380gが適切だと

こちらのブログを拝見して思ったのですが、

r5を計測したところ352gだったのでやっぱり軽すぎでしょうか?


キャロウェイ X-20 ツアーアイアン NS950

キャロウェイ X・ツアーアイアン NSプロ990GH

テーラーメイド r7 CGB MAX アイアン NSプロ950GH

欲が出てきて、この先の上達(するだろう・・・)も考慮に入れると

上記あたりに目が映り、買い換えようかと考え始めています。


他にも、どんなクラブがいいか、シャフト、フレックス等についても

アドバイスいただけると嬉しいのですが。


長くなってしまいましたが、何卒よろしくお願いします。」

 
 
 
 
【回答】
仰るように、アイアンの重量は軽すぎます。


重量バランスが悪いと、

他の番手と同じフィーリングで打っても

良い結果に恵まれません。


特に、アイアンが軽いと言う状況だと

方向性がひどく悪くなりますし、

スイング作りにおいてもかなり悪影響を及ぼします。


ですので、シャフトを交換するか

クラブ自体を交換することをオススメします。


候補にあがっているアイアンの中で選択するならば、

Xツアーアイアンが最もスイング作りに適しています。


X20アイアンやCGBが

決して悪いアイアンと言うわけでは無いのですが、

両者共に重心設定に個性が有り、

スイングをこれから作り上げていくと言う方には

あまりお勧めは出来ません。


この2つのアイアンは、重心距離が非常に長いのです。

つまり、フェースが返りにくい上に

通常のアイアンよりも芯がトー寄りに来ています。

(フェースのど真ん中が、芯になっている。

通常のアイアンは、ややヒールよりが芯)


多少癖のあるアイアンのため、

出来れば癖の少ないXツアーをオススメします。


シャフトに関しては、

ドライバーで250〜270出るのであれば

ダイナミックゴールド級のシャフトが好ましいのですが、

飛距離の割りにドライバー重量が非常に軽く、また柔らかいので

重量バランスを考慮すると

NS990のSフレックス辺りが妥当ではないでしょうか。


NS950よりも多少重量が重く、

またキックポイントが変更されているシャフトです。


他に候補をあげるとすれば、

テーラーメイドのラックLTアイアンなど良いかもしれないですね。

ロフトも立ち過ぎていませんし、

オーソドックスながら難しすぎず、優しすぎずで

スイング作りには丁度良いです。


価格も安くなっているので、オススメと言えますね。


クラブ選びにおいて重量コンビネーションは非常に重要ですので、

是非参考にして頂ければと思います。
 
 
 
 
 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法