倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2007年03月16日

ループスイングのお悩みです。

【質問】
「今日はドライバーショットのテークバックのことで

ご相談があります。


先日来、友人に頼んで自分のスイングを

ホームビデオで撮ってもらってチェックしていますが、

自分のドライバースイングのテークバック時に、

トップで最高点に到達したあと、

インサイドアウトの軌道を意識しすぎているのか

グリップが奥へ(というか左へ)スライドして、

そこから振り下ろされてくるスイングになっています。


トップが綺麗に決まらないからでしょうか、

綺麗な軽いドローボールが続くときもあれば、

フェースオープンのまま当たって右へのプッシュのような打球も

多々出ます。


ドライバースイングのテークバックの引き方と、

綺麗なトップの作り方、

又そこから下ろして軽いドローボールを打つコツを教えてください。

宜しくお願い致します。」
 
 
 
 
【回答】
トップからの切り返しが上手く決まらずに

プッシュアウトが出てしまうとのことですが、

恐らく切り返しでループしているものと思われます。


ループする事により、

スイング軌道がインサイドアウトになりすぎて

プッシュアウトが出てしまっているものと思われます。


問題は切り返しのループになるのですが、

今回はループをさせない、

厳密にはループを少なくする切り返しのコツを

お話しさせて頂きます。


まず、

ループの原因として多いのが、

「テークバックからダウンスイングまでの流れが良すぎる」

と言う事です。


動作を止めないでスイングすると、

どうしても切り返しでループを描きます。


テークバックから切り返しへの動作が止まらないでいると

必然的にループしてしまうのです。


ですので、

修正方法として意識していただきたいのが

「トップで一旦手を止める」

事を意識してみてください。


トップで一旦腕を止めるように、1テンポ間を置けば

ループしない切り返しが可能になります。


こうする事で、

インサイドアウト軌道を弱め、

プッシュアウトを防止することが出来ます。


最初は違和感が有りますが、

「トップで1テンポ間を置く」

事に注意してループ防止に努めてみて下さい。