ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法











2007年02月16日

ユーティリティ選びのご相談です。

【質問】
「いつもご丁寧なお返事をありがとうございます。


5番アイアンに相当するユーティリティーを

購入したいのですが、選び方のコツを

教えていただければ幸いです。


私はヘッドスピード40程度です。

ショップでヘッドの動きをチェックしてもらったところ、

どうも開き気味でインパクトに入る動きが多いようです。」
 
 
 
 
【回答】 
UTに限らずクラブ選びでまず第一に気を付ける事は

「重量コンビネーションを合わせる」

と言う事です。


また、適正な重量を使用することです。

その他には目的を明確にすることですね。


今回は5番アイアンの代わりに使用すると言う

目的がありますので、

まずは5番アイアンのロフト角、長さ、重量を

調べてみて下さい。


そして、

5番アイアンよりも若干軽めのシャフト、

または同じくらいの重量のシャフトの付いたモデルを

選んで下さい。


シャフト重量に関しては、

ショップの店員の方に尋ねるか

もしくはカタログで確認して下さい。


また、適正重量なのですが


適正な重量なのですが、

ちょっと話しがややこしくなるのですが、

大体のアイアンは37.5〜38.0インチで市販されています。


で、

1インチ変化する毎に約13g程度変化するのが

適当です。


例を挙げると、

現在使用している5番アイアンが

38.0インチで370gだった場合、

39.0インチのUTだったら

360g弱が適当、と言う事です。


あとヘッドの形状なのですが、

大まかに分けると

アイアン方とウッド型に分かれます。


で、ヘッドが開きやすいと言う事なので

ウッド方をオススメします。


理由は、ウッド方の方が総じてヘッドが返りやすいからです。


これは、ウッド方の方が重心距離が短くなりやすいからなんですね。


まとめると、


・重量コンビネーションを合わせる

・適正重量のクラブを選択する

・ウッド型のヘッドを選択する


と言う事になりますね。



 
 
 
 





ヘッドスピードを上げずに
1時間の練習でドライバー飛距離を
28ヤードアップさせた方法