倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2006年12月25日

US使用クラブと日本使用クラブに付いてご相談です。

【質問】
「倉木さん、


いつも楽しく読ませていただいています。 


よくオークション等でUS仕様のクラブを見かけますが、

日本仕様との違いは何なんですか?


知人によるとシャフトの硬さがUSのRが日本のS、SがXだそうですが

本当なのでしょうか?


お忙しいところ恐縮ですが、

ご回答を楽しみにしております。」

 
 
 
 
【回答】
US使用と日本使用の違いは、モデルごとによって様々な違いがあるので

一概には言え無いのですが、感単に説明しますと


「USモデルの方がシャフト重量が重く、硬度も硬い」


と言う事です。


これは日本人の平均的な筋力を考慮しての事なのです。


モデルによっては、日本使用のSよりもUS使用のL(レディース)

の方が硬いと言うことすら有ります。


RやSと言った硬度表示は統一された基準が無いので、

国内モデルでも、D社のモデルAのSシャフトより、

BモデルのRシャフトの方が硬いと言うことはザラに有ります。


ゴルファーとしてはハタ迷惑な話しですが、

私もこの下らないフレックス表示方法は何とかして

統一された基準にして頂きたいと思うのですが

その方がメーカーとしては商売しやすいので、

おそらく変わらない事でしょう。


ちょっと話しはそれましたが、

日本のモデルよりもUSモデルの方が硬くて重い傾向があるというのは

その通りです。


 



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。