倉木真二のブログは終了いたしました。
13年間、ありがとうございました。










2006年12月26日

アイアンのライ角と重量のご相談です。

【質問】
「最近疑問に思うことを質問します。


私は身長167cm・体重70kg・HS45・平均スコア100程度のものです。

一年前はHSが48ほどあったためアイアンはスリクソンI-404・DGX-100を使用しています。

最近練習に行くと切り返しで力んでしまうせいか(自分本位で振るせいか)手元が遅れてしまい スライスボールが多発しています。

力まずにふれればオーバースペックのクラブですが何とか飛距離差が出ます。

スライスの改善に関しては力まないことが一番だと思いますが

ライ角の調整で問題を解決することができるでしょうか?


自分の身長ですとややフラットなスイングプレーンになると思うのですが

ライ角を調整するとすればよりフラットにするべきですか?

それともあげるべきなのでしょうか?


また、硬さのフィーリングは満足しているのですが

重さに関しては少々つらいと感じています。


5Iで410g前後にクラブを調整するとしたら何かお勧めのシャフトはあるでしょうか?

お返事よろしくお願いいたします。」

 
 
 
 
【回答】
スライスの原因が振り遅れとの事ですが、

振り遅れが原因でスライスしているものを

ライ角調整してスライス防止してしまうのはあまり良くないです。


と言うのは、その調整方法だとフェースが開いている状態で

真っ直ぐ飛ぶようになってしまうので、

スイングの問題を必要以上のクラブ調整でごまかしてしまっている

と言う事になってしまいます。


そうなると、根本的な問題である振り遅れが直らなくなってしまいますので

必要以上には変えないことをオススメします。

(多少アップライトにするのは問題ないです。)


具体的な数値に関しては、

実際に大手のゴルフショップ等にある測定機で

「インパクトライ角」(インパクトしている時のライ角)

を測定し、その数値に近い角度に合わせる事です。

(多くても、インパクトライ角より2度アップライト程度)


因みに、アップライトにすると数字が大きくなってスライスしにくくなり、

フラットにすると数字が少なってフックしにくくなります。


また、5Tで410g位にされたいのであれば

「NS1050」

と言うアイアンシャフトがオススメです。


これは、ダイナミックゴールドX100よりも先端が柔らかく、

振り遅れにくい為にスライスしにくくなっていますので、

重量も軽くなり振り遅れも防止できるので、良いと思います。


それに、あまりに重過ぎるクラブで練習を重ねてしまうと

怪我の原因にもなりますので、

無理はしない事です。